THX-1138  
2005.10.05.Wed / 00:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




行き過ぎた管理社会を描いた映画です。
そして、あのジョージ・ルーカスの記念すべき商業映画デビュー作。
その後、編集が加えられたとはいえ、
若さゆえの激しさ、荒削りさが、印象に残る映画でした。


行き過ぎた管理社会と効率優先主義。
人間は、時には社会を構成する部品として扱われ、
ある時は、人間の生態を実験するモルモットとして扱われ、
さらには、何かを生産し、消費する、
社会を維持するための道具として扱われる。
よくありがちな映画かもしれませんが、
ここまで、徹底的に、しかも淡々と描いた映画というのも、
珍しいと思います。
大抵の映画では、これら管理社会は、
ある一部の特権階級が自らの地位を確保するための手段として、
描かれることが多い気がします。
それゆえに、逆に私利私欲という人間らしさを感じて、
どこか、ほっとすることもあるのですが、
しかし、この映画では、徹底的に人間性を排除した管理社会を描いています。
もしかしたら、この映画の背景には、環境汚染等で世界が変わり、
このように人間性を排除しなければ、生きてゆけなくなってしまった、
という設定があるのかもしれません。
あるいは、社会が高度に発達すると必然的に、効率主義に行き着くという、
考えの下に作られたのかもしれません。
いづれにしても、この世界は、ある一部の独裁者の出現を待たずとも、
必然として行き着いてしまう世界なのかも知れません。

ですが、もしかしたら、未来を描いた映画ではなく、
今を描いた映画であるのかもしれません。
効率でのみ、なにをすべきか、または、しないのかを選択する世界。
人が、道具としてのみ、扱われる世界。
この映画はかなり極端に描いていますが、
実は現在でも、少なからず、そうなのかも知れません。

そして、
理解されようと歩み寄るのではなく、ひたすら突き放すような映画でした。
描きたいことだけを、思いっきり描いています。
そこには、理解してもらおうという努力はあまり感じませんでした。
それ故に、若さゆえの激しさ、荒削りさが、印象に残る映画でした。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.319 / タイトル た行 /  comments(0)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
秩序・迷走・解脱オススメ度 ★★★☆☆映画舘の音響・映像品質規格で良く映画上映前に目にするTHXの名称の由来とも言うべき?ジョージ・ルーカスが学生時代に製作されたとされる監督デビュー作、THX-1138を鑑賞。公開されたのが今から30年以上前、この作品におけるジョ
2005.12.06.Tue .No26 / 映画語るドットコム / PAGE TOP△
** Story ******* 近未来、人類は”シェルター”という場所で生活をしていた。ソコではすべてがコンピューターで支配され、警察も懺悔もコンピューターとなっていた。ソコで過ごし
2006.01.30.Mon .No43 / ロクデナシ NEET LIFE (別館) ゚+.ヾ(´∀`*)ノ キャー。+.゚ / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.