大いなる休暇  
2005.12.08.Thu / 23:52 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




どんなに甘い嘘であっても、嘘は嘘。
居心地が悪くとも、真実こそが、誠実な関係を築く。
そして、本当の幸せとは、
誰かに与えられるものではなく、
自らが働き、得る誇りの中にこそある。
純朴な離島が舞台だからこそ、
そんな言葉が現実味を持って響いてくる、
そんな映画でした。

工場を誘致するには医者がいる。
島の皆が一致団結して、
医者を獲得するため、繰り広げる大芝居。
最初は、それがとても面白いのですが、
当然、嘘は、いつかばれます。
契約が成立したあとの5年のことは、考えもしなかった、、、
しかし、彼らの嘘は、医者にとっては、
人生の意味を変えるほどの、大きな嘘。
自分達の都合のためとはいえ、
嘘はやはりゆるされないということに、最後には気づきます。

嘘で固められた人生は空しい。
それは、自分が日々得ている生活保護のお金と同じ。
自分達が働いて得ていないお金で生活する人生。
嘘で固められた人生同様、とても空虚な生き方。
相手の希望とはいえ、ありえない顎や鼻を形作る、
整形医師の仕事も、やはりどこか空しい。
嘘で始まったはずの生活なのに、
いつしか、お互いのことを大切に思うようになる。
そして、真実を語る。
それが、相手にとって不快になる言葉であったとしても。
しかし、それは相手の人生に対する思いやりであり、
そして、誠実な関係を築く土台なのでしょう。

最後には、自分達の人生に誇れる仕事にありついた人々。
それと同時に訪れる幸せな生活。

予定調和的で、ありきたりな話かもしれませんが、
最後に訪れた彼らの誠実な幸せがうれしい映画でした。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.342 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.