メメント  
2003.02.02.Sun / 23:45 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。





この映画では、「前向性健忘」という病気を持った人物が主人公になっています。
私は、この病気についてはまったく知りません。
多分世の中には、この病気に苦しめられている人、
身内にこのような病の人間がいるかもしれません。
私がこのページを記述する理由は、映画の感想を書くためであり,
このような方々を批難、中傷するためではありません。
ですから、文章中に、気になるような表現を見つけられても、
本意は映画の感想を述べることにあることを御理解願います。


この映画はかなり特殊な作られ方をしており、観客が主人公であるレナードと
同じ感情を容易に有することができます。
見せ方が優れているという一点だけでもたいした映画です。
さらには、最後には思いがけない真実が待ち構えています。
それは、いろいろな意味での逆転です。
「記憶できない」のではありませんでした。実は「忘れたい」のでした。
「利用されていた」のではありませんでした。実は「利用していた」のでした。
「妻のための復讐」ではありませんでした。実は自分のためでした。
「事故の前の自分は覚えている」のではありませんでした。
  自分にとって都合がいい記憶を持っているだけです。
「抜けだせない」のではありませんでした。実は望んではまり込んでいるのです。
「かわいそうな境遇」ではありません。彼は現状を望んでいるのです。

実験的な映画ですが、後半の10分間、私はこの映画の本当の意味を知りました。
それは、失われたものがあまりに大きすぎて、現実逃避をしている悲しい男の話です。

失われた過去は取り戻せません。
しかし彼が求めるものはまさにそれであり、
一生手に入らないこともわかっています。
そうであるならば、真実に目を背け、過去を微妙にすりかえて、巧妙に自分をだまし、
一生この居心地のよい復讐劇を続けていよう、、

この映画では、一見するときわめて特殊な状況を描いているようですが、
実は誰にでも経験があることなのではないのでしょうか?

あなたは、自分に都合の悪いことを忘れてはいませんか?
あなたは、自分に都合のよいように記憶をすりかえてはいませんか?
あなたは、真実と向きあって生きていますか?
* テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画 *
No.39 / タイトル ま行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

さすが、鋭いヤンさんは、面白い考察を書かれてますね~

私は、この映画の斬新な作りにばかり、目が行ってましたが、
「忘れたい」「利用したい」「自分のため」・・・
など読んで、その通りだと思いました。

『この主人公は、きちんと生きてない。かわいそうだ』という思いはあったんですが、
それを、私は上手く言葉に表現できませんでした。
でも、ヤンさんの感想を読んだら、
スッキリできました。

2007.10.28.Sun / 18:11 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

すっきりしていただいたようで、
こちらとしてもうれしい限りです。
面白い考察、というのも、うれしい表現です。感謝感謝。

本当に斬新な映画でしたね。
時系列で見てしまうと、なんてことのない映画なのですが、上手に魅せている映画でしたね。
表現する内容と、表現する方法、その両方が揃った映画なのかもしれません。

それじゃ、また。

2007.10.29.Mon / 23:46 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
監督:クリストファー・ノーラン 製作:2000年 アメリカ 出演:*ガイ・ピアース *キャリー・アン・モス *ジョー・パントリアーノ 記憶が10分しかもたない前向性健...
2007.10.28.Sun .No130 / Rocking Chair Blog / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.