オールド・ボーイ  
2006.06.15.Thu / 21:58 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




ネタバレ満載なので、
下を読むのは、映画鑑賞後にお願いします。



まったく、とんでもない映画です。
勢いだけで押す映画であり、しかし、
緻密に組み立てられているストーリー。
あっと驚くどんでん返しであるにもかかわらず、
爽快感とは程遠い、おぞましい真相。
野蛮であり、しかし繊細。
非情の様でいて、深い愛憎と哀しみ。
面白い映画でありながら、再度見るには勇気が必要で、
なかなか、人には進めることが出来ない、
とんでもない映画です。


復讐に燃える二人の男。
妻を、家族を、自分自身の十五年を奪われたオ・デス。
最愛の人を奪われたイ・ウジン。
人は、どんなひどい事でも、
どんなに、おぞましい事でもやってしまうのだろう。
それは、お金の為、憎悪の為、復讐の為、愛する人の為に。
想像力が無い人は、いくらでも残酷になりうる。
しかし、これは逆なのではないのか?
人は想像力があるから、いくらでも残酷になりうる。
でも、別な痛みが、その人のまともな感覚を麻痺させているから、
いくらでも、残酷になることができるように感じた。
この、すさまじさ、描いてはいけないものでも、描ききってしまうのは、
やはり、韓国映画だからなのだろうか?

そして、いろいろな意味が込められたイ・ウジンの復讐。

「オ・デスは口数が多すぎるんです。」
決してもらして欲しくはなかった秘密。
しかし、オ・デスは簡単に友人に告げてしまう。
そして、簡単に忘れてしまう。
それは他人事だから。

「笑う時は世界と一緒、泣く時はお前一人。」
笑いは簡単に共有できる。
しかし、哀しみは、決して共有できない。理解もされない。
それも、やはり他人事だから。
しかし、他人事が他人事でなくなった時、
オ・デスは、その秘密の重さを、その哀しみを、
骨身に染みて知ることになる。

「砂粒であれ岩の塊であれ、水に沈むのは同じだ」
姉が死んだのは自分の責任だ。そんなことは知っている。
しかし、犠牲という名の祭壇に挙げられる血が多ければ多いほど、
自分の乾きも癒されるのだろう。

「俺たちはすべてを知って愛し合った。お前たちはどうだ」
オ・デスがミドの正体を知ってしまった時、
イ・ウジンに懇願したのは、娘の命ではなく、愛する人の命。
だからこそ、知ってしまった後にも関わらず、
その関係を断ち切ることは出来なかった。
催眠術にまで頼り、二人の関係を選んだオ・デス。
姉と寝たんだとイ・ウジンを責めた言葉が、
そのまま自分に突き刺さることになろうとは、、、

「私は獣にも劣る人間ですが、
 生きる権利はあるんじゃありませんか?」
許されない二人の関係。それでも、愛する人とともに生きたい。
この問いかけは、
世の中に生存を許して欲しいという、背徳者が背負った十字架。

イ・ウジンはきっと、自分の最大の理解者を作り上げたかったのだろう。
自分が、どんなに姉をいとおしく想ったのか。
自分が、どんなに孤独を感じて生きてきたのか。
それを他人に理解してもらいたかったのだろう。
自分の哀しみは、ここまでしなければ、他人には理解してもらえないのか?
深い哀しみの果てに、哀れみさえも感じる映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.395 / タイトル あ行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、これはすさまじい作品でしたよね。とても印象に残りました。

ラストのオ・デスの選択について、私の解釈と正反対ですね。
私の場合は、自分の希望を入れ込んで、
オ・デスは父親という立場を選んだと思ったんです。
一度関係を持ってしまった事に対して、「獣にも劣る人間」と言ったのかと。

でもヤンさんの解釈も理解できます。
父娘でなく、愛する二人として生きる道を選んだというのも、
それもあるなあと納得できます。

これは原作で、ハッキリ結論が出てるんでしょうか?

2008.04.28.Mon / 17:45 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんにちは。

私は、オ・デスが父親という立場を選んだというのは、思いもしませんでした。
 イ・ウジンの復讐が、オ・デスに自分と同じ想いを味あわせることだからであり、その目的は、自分の最大の理解者を創ること、なんじゃないのかな、と理解したもので、親の立場に戻れたのなら、その後、オ・デスは過去に苦しんでも、未来には苦しまないんじゃないのかな、と思えたものですから、、、

 ただ、YANさんの言うことも一理あると思います。というか、私には思いつきもしませんでした。(^。^;)。原作は本当はどうなんでしょうかね?

それじゃ、また。

2008.04.29.Tue / 13:07 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
監督:パク・チャヌク           製作:2003年韓国 出演:*チェ・ミンシク *ユ・ジテ *カン・イジョン お前は誰だ!...
2008.04.28.Mon .No184 / Rocking Chair Blog / PAGE TOP△
何故監禁したか、よりも、何故解放したかの理由のほうが凄いわ。 15年間の監禁生活。それがどんな苦しみか想像もつきません。日本のコミックが原作らしいですが、日本で撮らなくて正解、韓国映画のパワーを借りての出来には圧巻。ちょっとコメディタッチで残虐描写も抑え...
2012.03.11.Sun .No487 / いやいやえん / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.