ダークシティー  
2003.02.15.Sat / 23:52 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。

よくある設定。よくある話。
しかしそれだけにとどまらない、なにか魅力をもった映画。

夜しかないのに、なぜ気にならないのか?
過去の記憶があいまいなのに、なぜ気にならないのか?

お約束といってしまえばそれまでです。
ですが私は不思議と違和感はありませんでした。

どこか、遠くからつれてこられた住人たちは、いわば根無し草。
確固たる自分がいない。つまり存在自体があいまい。
だから、夜がこなくても、それに流されてしまっている。
だから、自らの過去に対してもあいまいでいられる。

しかし、その中においても記憶としての思い出の地より、
現実の、実在する場所を求める。
植えつけられた記憶といえども、その存在を確かめたくなる。

「ここ(過去の記憶)を探しても無駄だ。心はそんなところにはない。」

本能で助けた金魚、覚えていないはずなのに始まる恋愛。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.41 / タイトル た行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.