ドミノ  
2006.08.24.Thu / 22:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




実話を元に作られた映画。
複雑な話の展開に、実話らしさも感じるのですが、
時折、挿入される宗教的な雰囲気に、
作り話的なところも感じさせます。

一つのことに執着して愛することは、とても危険なこと。
なぜなら、それを失ってしまった時のダメージは計り知れないから。
そんなことは、分かっていてもバウンディーハンターの仲間と、
団結力をたかめ、仲間として好きになってゆくドミノ。
目の前で起こっていることは、
ほんの氷山の一角に過ぎない。
その裏では、当事者たちも知りえない、
さまざまな出来事が深く絡み合っている。
いつの間にか、マフィアから、
命を狙われるようになってしまった、ドミノたち。

しかし、見えていないのは、複雑に絡み合った現実だけではありません。
自分たちの選択が、自らの命や大切な仲間を失うことになろうとも、
その一方で、未来ある小さな命を救う結果に繋がっていることも。

仲間を失ってしまったドミノは、
しかし、自分の喪失に、なにかしらの意味があることを感じたのでしょう。
失うことの悲しさと上手に付き合っているように感じました。
そして、母親に対する態度にも変化がありました。

命の喪失が、新しい命に繋がってゆく。
失うことは悲しいことなのですが、
失うことは、単に何かがなくなるだけではなく、
別な世界の創造に繋がってゆく。
そんなことを感じた時、
失うことを、過度に、そして盲目的に恐れる必要はないのかもしれません。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.415 / タイトル た行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.