神童  
2007.05.03.Thu / 19:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。



音楽は生きる為にある
だから
音がなければ
生きてはいけない
しかし
音楽があればこそ
生きてゆける



音楽を、ピアノを大好きな二人、うたと和音。
だが、耳が聞こえなくなってしまい、
絶望にうちひしがれる、うた。
父は同様な絶望のうちに自ら死を選んだと想像し、死に迷う。
だが、最後に、うたは自分の音楽を取り戻すことが出来た。
それは、多分、亡き父の導きと、和音との共演によって。
音楽は生きる為にある。
そんな言葉が実感できる映画。


うたは母に強制されて、いやいやピアノを続けている。
だが、本当はピアノが大好きなのだろう。
強制されるのは、うっとおしいが、
亡くなった父を追い掛けるようにピアノから離れられないでいる。

父は音楽を失い、絶望のうちに死を選んだのか?
自殺なのか、事故死なのか、本当の事は不明だが、
音が聞こえなくなるという、同じ立場に追い込まれた、うた。
父が感じたかもしれない絶望に想像の中で共感する。
これは、うたが感じている不安を代弁しているのだろう。
だからこそ、音が聞こえなくなり、死に迷う。
音が無くなると言うことは、
音楽を失い、ピアノを失い、
父を再び失うことにつながるからだ。

しかし、父の願いは違う所にあるのだろう。
和音との演奏の中に、自分の音楽を取り戻す、うた。
それは、きっと父の導きであり、
大好きであろう和音と、音楽を共鳴できたからなのであろう。


ピアノが大好きな和音。
最初の動機は憧れの彼女に近づく為だったのかもしれない。
受験に成功し、しかし、壁にぶつかる和音。
受験でピアノを演奏した時にはつかんでいたはずだったのに、
今の自分のピアノには、何かが欠けている。
教授に諭されても、理解できない和音。
言葉で説明されても、わかるはずもない事なのだろう。

「ピアノに集中したら?」
憧れ彼女の事を気にし、うたの事を心配する。
そして、皆に言われる。「ピアノに集中したら?」
しかし、音楽とは掛け離れて、遠回りしているようで、
実は最後には、うたとの共鳴の中に、
自分の音楽には、なにが欠けていたかに気づき、
それを掴むことができたのだろう。


絶望の中でさえ、
自らの内に音楽を見つけることが出来れば、
生きてゆける。
音楽は生きる為にある。
その言葉が実感できる映画。

神童@映画生活
* テーマ:邦画 - ジャンル:映画 *
No.488 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(6) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
「神童」と呼ばれた うた十三歳落ちこぼれの音大生 ワオ十九歳恋人でもない兄妹でもない音によって心を通わせるふたり言葉はいらない魂が響きあうから彼女の指先から奇跡が生まれるやがて世界は音楽で満たされる『大丈夫だよ....
2007.05.06.Sun .No101 / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! / PAGE TOP△
今回の舞台挨拶レポートは、マンガ原作の日本初の本格クラシック映画『神童』。あの『のだめカンタービレ』よりも先に撮影してたから、こちらがホントのクラシックブームのさきがけ午前中は仕事だったので松山ケンイチらオールキャストは見られず、萩生田宏治監督と成海璃子
2007.05.13.Sun .No102 / |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο / PAGE TOP△
雰囲気は、それなりに作られているのだけど、あまり、多くを語らない作品だったと思います。音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音と、神童と評されてきた13歳の天才ピアニスト、成瀬うたが、ある日、偶然に出会います。ピアニストとして成功させることを夢見て熱心にレッ
2007.05.15.Tue .No103 / 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ / PAGE TOP△
人気漫画家さそうあきらの同名傑作コミックを原作に、才能をもてあます天才ピアノ少女と、音大浪人生の心の交流をさわやかに描いた感動作。脚本は『リンダ リンダ リンダ』の向井康介、監督は『帰郷』の萩生田宏治が務める。主演はドラマ「瑠璃の島」などで圧倒的な存在感...
2008.03.09.Sun .No154 / サーカスな日々 / PAGE TOP△
父親から譲り受けた宿命を背負い、「熱情」や「春の歌」そして竹本泰蔵が指揮するダイナミックな「ピアノ協奏曲第20番」などクラシックの珠玉の名曲たち・・ 水辺にたたずむ成瀬うた(成海璃子)、ボートに寝そべる菊名和音(松山ケンイチ)、女性のヒステリ-は...
2008.04.26.Sat .No179 / 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ / PAGE TOP△
神童は先月にWOWOWでしてて本日の午後から鑑賞したのだけども 全体的に映像が暗く鑑賞する前に思ってたよりも少しガッカリだったね 内容は成海&松山がを通して交流が始まって互いに成長し展開されて 俺は原作の方を読んで無い状態で神童を鑑賞したけども満足は...
2008.05.03.Sat .No195 / 別館ヒガシ日記 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.