ゴーストライダー  
2007.08.01.Wed / 22:36 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




人生は、やり直すことは出来ない。
しかし、過去の過ちを、
やり直すチャンスは訪れるのかもしれない。
人生における二度目のチャンスが。
過去に大きな過ちを犯し、
自分の人生を失ってしまった男。
しかし、じっと二度目のチャンスを待っていた。
何かが変わるサインを。
そんなチャンスをものにし、
しかし、捨ててしまった男の映画。



過去に誤った選択をしてしまい、
父を失い、恋人を捨ててしまった。
スタントライダーとして、名声を得ても、
なにも嬉しくはない。
なぜなら、自分の人生には大切なものが欠けているから。
宗教書に救いや答えを求めても、何も変わらない。

しかし、自分の人生が変わるきっかけがやって来た。
それは、長い間、じっと待っていたサイン。

悪を倒し、恋人を救い出し、
やっと人間としての自分の人生を取り戻すことが出来た。
しかし、ジョニーの最後の選択は、
彼が以前から望んでいたものとは、違ったものであった。
「これから流される善良な人の血は、親父の血だ。」
まだ、見過ごすことが出来ない悪がいる。
自分と同じ境遇を、他人に背負わせようとする悪が。

鎖を振り回し、問答無用に悪を倒すゴーストライダー。
それが、とてもかっこいい。
善なのに悪の雰囲気、そんな危なさ。
制御しきれない悪魔からもらった力、その不安定さ。
それらが、ニコラス・ケイジという役者にぴったり。
そして、彼も生き生きと演じています。

妙に笑える映画でもあります。
ロクサーヌとのキスシーンの後に鳴く牛。
これが、絶妙なタイミング。

ちょっとアクが強く、ケチもつけやすい映画です。
ちょっと敵が弱すぎ。
走るたびに周りを燃やしてしまうのは、はた迷惑かも、、
ゴーストライダーの顔がスケルトンというのも、なんだか、、
せっかくニコラス・ケイジなんだから、
アクションシーンといえども、顔を見せて欲しかった。
などなど、、、
しかし、それでもB級テイストの心意気が詰まった、楽しい映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.513 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.