サイドカーに犬  
2007.09.05.Wed / 20:46 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。





人は心の中に、人生を生きる為の根っこみたいなものが必要だ。
それは子供の頃の自分に、愛情と影響を与えてくれた人の存在。
そして、その人との新しい体験、楽しかった思い出。
人生に疲れて生きる力が無くなりそうになった時、
そんな根っこが自分に生きる力を与えてくれる。
心の中で、その人に語りかければ、
体に羽が生えたように心が軽くなる。
そんな人と過ごしたひと夏の経験。
実は似た者同士の女性と少女の、
ひと夏のふれあいを描いた映画。


薫はとても優等生。
大人の顔色を伺い、逆らえないでいる。
ヨーコさんも昔はそうだった。
両親の為にカメの手を血だらけになってでも食べた経験を持つ。
だからなのだろう。
新しい世界を、母親に縛られなくてよい事を、
薫には知って欲しかったのだろう。
「自転車に乗れると人生変わるよ、大げさじゃなくて本当だから。」
自転車は確かに世界を広げる。
母親の目を通さない世界は新鮮だ。

だけど、ヨーコさんには大人の事情がある。
いつもは強がって隠してはいるものの、時には、それが見えてしまう。
薫には完全に、理解できてはいないのだけれど、
なんだかとても不安になる。

飼うのと飼われるのはどちらが良い?
多分飼われるのは、まっぴらだとヨーコさんは考えているのだろう。
飼われて飼い主の顔色を伺うのは嫌なのだろう。
それは、両親との遠い昔の経験から、
そう思っているのかもしれないし、
愛人という今の立場がそう思わせているのかもしれない。

大人が大人の事情でケンカした時、
その場を取り繕うかの如く、かたずけを始める薫。
しかし、それを強い口調で二度までも止めるヨーコさん。
ヨーコさんは嫌だったのだろう。
薫が大人の顔色を伺うのが。

なにかにつけ世話を焼いた。
世話をして、面倒をみて、飼っているつもりだった。
しかし、最後には捨てられた。
捨てられることは最初から分かっていた。
しかし、悲しくて涙が止まらない。
嫌いなものを好きになるより、
好きなものを嫌いになるほうが難しい。

サイドカーに座っている犬。
飼われいるようで、
犬はそんな負い目はみじんにも感じてはいない。
むしろ道を決めているのは自分だとばかりに、
顔に風を受けて、すましている。
いつも人の右を歩く薫。
右を歩くことができなくなってしまったヨーコさん。
「でも、大丈夫。薫はそんなにはならないから。」
薫は全てを理解できたわけではないのだろう。
しかし、大丈夫という言葉は、
薫に絶対的な安心感を与えたはずだ。

新しい世界を教わり、人生を知る。
そんな機会はめったにない。
それは、両親では近すぎて、同級生では幼すぎるから。
ニセの百円玉を使い警告音に驚かされた。
宝くじに大当たりしたわけでもない。
堅実にその後の人生を歩んだことが予想される薫。
しかし、ヨーコさんは、薫にとって、人生の根っこになったのだろう。
それは、ヨーコさんにとっても同様なはずだ。
長い人生を歩き疲れても、
心にある、そんな存在が力を与えてくれる。
語りかければ、教えてくれたことが蘇ってくる。
実は似た者同士の女性と少女の一夏のふれあいを描いた映画。



サイドカーに犬@映画生活

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.524 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
監督:根岸吉太郎 出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、温水洋一、樹木希林、椎名桔平  『サイドカーに犬』、観ました。 不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに一週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で 釣り糸をたらしながら、ふと、...
2008.06.04.Wed .No216 / 肯定的映画評論室・新館 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.