めがね  
2007.12.23.Sun / 21:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




スローライフを描いているようで、
実は、スローライフを描いてはいない。
自分の人生の歩みを、一時だけ、止めてみる。
過去や現在に様々なしがらみを持つ人々が、
春のある一時、ハマダに集まり、自分の人生の歩みを止めて、
ひらすら、時が過ぎるのを待つ。
すると、さまざまなしがらみからも開放される。
そんな、本当に自由な時間の中に至福の時を見つけることができる。
いわば、ストップ・ライフを描いた映画。


「ここにいる才能ありますよ。」
ユージさんの描いたアバウトな地図にも迷わなかったタエコさん。
ユージさんの地図には、
「走り続けて、そろそろ不安になってきた所で、右に曲がる道がある。」
つまり、ここにいる才能とは、不安になることなのだろう。
走り続けて結果が見えない時、大抵の人は不安になる。
せっかちな人ほど、不安になるまでの時間は短い。
それは、才能ではなく、自分自身に染み込んでしまった、
生きるクセのように私には感じられた。
日々をアクセク働き、せっかちにも、すぐに結果を求めたがる、そんなクセ。
映画には語られてはいないが、タエコさんは、
都会でそんな生活を送ってきたのだろう。
そして、ハルナさんも、それは同様なのだろうし、
ユージさんだって、そんな感覚は理解できるのだろう。

嫌な事はいやだときっぱりと言うタエコさん。
ハマダの人々は、いやだと言われれば、それ以降、強制はしない。続けない。
やりたいと言えば、誰も止めない。
けれど、タエコさんは、荷物が片付けられていないことも、
朝のメルシー体操も、受け入れられないと、せっかちにも判断し、ハマダを後にする。
ハマダでは、実はとても自由に過ごすことができるタエコさん。
しかし、それは、自分自身以外からは。

何が自由か知っている。
それは、一方的に相手に自分の要求を突きつけて、それに従わせることではない。
すこし時間を掛けて、相手を知り、お互いを尊重する。
あせって、せっかちにも、あれが悪い、これはダメだと、
思い込み、決めつけてはいけないのだろう。
現代は忙しい。
どうしてもセカセカと働き、直ぐにでも結果を求めたがる。
さまざまな情報が氾濫し、目を曇らせてしまう。
そんなクセが心に付きやすい。
そんなクセを通して見る世界はセワシなく、融通も利かない。
それ故に自分自身によって、自由を簡単に失ってしまうのだろう。

カキ氷は苦手だ。
編み物の目が揃っているのは個性的ではない。
そんな考えも、本当は、どうでも良いことなのだ。
今自分が掛けている、偏ってしか世界を見ることが出来ない「めがね」を外し、
自由に世界を見ることが出来る「めがね」に掛けかえる。
そんな必要が、サチエさんにはあったのだろう。

春のある時期にだけ、ハマダにやってくるサクラさん。
あせってはダメ。人は二度とは死なない。
死の恐怖もなく、自分自身からも、自由に生きているサクラさん。
皆が慕い、皆が憧れ、そして集まってくる。
それは、実は、こんな生き方はとても難しいからなのだろう。

一時的にも、自分の生活を止め、
クセに染まってしまった自分の考え方をも止め、
ただ、ひたすらに時が流れてゆくのをじっと待つ。
そんな至福の時間。
そして、ゆったりとしたこの映画の展開にも、それは当てはまる。
一時的にでも自分の生活のことを忘れ、この映画に浸れる幸せ。
そんな願いも込められた映画。

めがね@映画生活
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.550 / タイトル ま行 /  comments(6)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、やっと「めがね」の感想が登場しましたね~!
やっぱり癒し系のホッとできる雰囲気がありそうです。
「めがね」というタイトルの意味も見えてくるような。

目の前にある出来事に押されるように毎日生活してるから、
たまには立ち止まって、深呼吸をして、思いグセをニュートラルにする。
この映画を観る事自体が、一服のひとときとなりそうです。

2007.12.24.Mon / 18:15 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

世間ではいろいろ言われているようですが、私的には、めがね、良かったですよ。
忙しい時に無理に時間を作って見た甲斐がありました、というか、そんな時だからこそ、この映画の良さが心にしみたのかもしれません。
YANさんも機会があれば、ぜひ。

それじゃ、また。

2007.12.26.Wed / 23:13 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from YAN -

そうですね、レンタルになったらぜひ観たいと思います。

ところで今年は、同じ名前のヤンさんと出会えて、
映画のお話を楽しくさせてもらいました!
ヤンさんの、登場人物に対する深い洞察には、
いつも感心させられてきましたよ。


良い年末年始をお過ごし下さいね!
そして来年もよろしくお願いしま~す~☆・:.,;*

2007.12.30.Sun / 10:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

 過分なお褒めの言葉ありがとうございます。それといつも遅レスですいません。来年も良い映画にめぐり合い、楽しい話ができるといいですね。

YANさんも良いお年を。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

2007.12.31.Mon / 21:57 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from とおりすがりのもの -

非常に素敵な感想だと思いましてので、一言。失礼しました!

2008.06.07.Sat / 02:16 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

こんばんは。

遅レスですいません。
過分なお褒めのお言葉、ありがとうございます。
もしよろしかったら、「とおりすがりのもの」さんの「めがね」の感想も聞かせていただくとうれしいです。

それじゃ、また。

2008.06.09.Mon / 23:47 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.