ラッシュアワー3  
2008.02.21.Thu / 22:10 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




見事なアクションシーンの連続。
豪華な俳優人に、笑いどころも満載。
突っ込みどころ満載のストーリーも笑って許せる、
とてもノーテンキな映画。


日本を代表するアクションスターといえば、やはり、真田広之。
そして、世界を代表するアクションスター、ジャッキー・チェン。
この両雄の共演というだけでも、見ごたえのある映画。
両雄共に年を取ったとはいえ、
ラストのエッフェル塔のアクションは、さすがに見事。


そんな、見せ場を作るためだけに添えられたようなストーリー。
突っ込みどころ満載です。
演説中の要人が簡単に狙撃できるのも、
(ちゃんと狙撃ポイントには警備員、配置しろよ。)
狙撃者の逃走が暗殺場所から目視できるのも、
(ちゃんと逃走経路考えろよ。)
呼び出されれば、要人の周りから警護する人すべてが消えるとか。
(普通、だれか残るだろ。)
まあ、そんなこんなも笑って許せるというもの。

フランス語通訳のシスターがとても、可笑しい。

しかし、、、、
パリ入国に際してイヤミとも思える手段で持ち物検査を受けたり、
タクシーの運転手がアメリカボイコットを叫んだり、
それを銃で脅したと思ったら、
いつの間にか仲間になっていたりと、、、、
これは、フランスの描き方に対して、ちょっと問題なのでは?
イヴァン・アタルも、ロマン・ポランスキーも、
なぜ、こんな役を引き受けたのか、、、、、

昔の兄弟が今の敵に。しかし、
自らを孤独と思っていたリーを助けたのは、今の兄弟。
ノーテンキながらも、
シリーズのキーになる二人の仲の描き方がうれしい映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.565 / タイトル ら行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.