ヒトラーの贋札  
2008.04.10.Thu / 22:26 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




眼の前の命を救うべきか。
それとも、もっと大きなものに命を掛け、仲間にも犠牲を強いるのか。
それは究極の選択。
戦争に勝てたのは、
命がけでサボタージュを行なった人々のおかげかもしれない。
しかし、眼の前の命が助かったのは彼のおかげなのだろう。
究極の選択に迷い、助けたいと願ったいくつかの命は失われたが、
それでも数多くの仲間の命を助けた男。
しかし、心に大きな虚しさと直せない痛みを抱えてしまった男の映画。



絵を描くよりは偽札を作るサリー。
何故なら、そちらほうが金が儲かるから。
自分以外は、誰であろうとすべて他人。
サリーは、そんな利己的で醒めた考えを持つ男。
ユダヤ人は仲間なんかではない。
そう思い、自分だけは別だと考えていた。
しかし、他のユダヤ人同様、強制収容場に連行され、
皆と同じように命の危険にさらされる。
ナチに強制され荷担する偽札造り。
今日の銃殺よりは明日のガス室。
仕方なく協力をするサリー。
しかし、この偽札が戦局を大きく動かし、
ナチに勝ちをもたらすかもしれない事を仲間に告げられる。

彼の持つ高い技術故に、サリーはリーダー格にまつりあげられ、
仲間の命までも背負わされる。
そして、背負わされた命への責任感が、サリーを変えてゆく。

自分の子供達が死んだ事を知り、自殺しようとした男。
ただ生き延びよう。その結果に何が待っていようとも。
そんな言葉でしか、励ます術をしらない仲間達。
それは、誰も彼も、明日の自分の運命さえ、わからないのだから。

仲間が命掛けで遅らせた偽ドル札造り。
自らの主張、正義の為に、仲間の命が危険にさらされた。
収容所に入る前のサリーであれば見過ごしていたのかもしれない。
しかし、仲間の命が危険にさらされた時、やむなく、偽ドル札を差し出す。
それが、サリーの究極で、ぎりぎりの決断なのだろう。

終戦間近のドイツ。
ドイツをみかぎり、逃げ出す大隊長。
こっそり偽札を隠していたナチの軍人。
誰しも自分を助けることが精一杯。
しかし、サリーは命がけで結核の青年を助けようとし、
しかし、青年は銃殺されてしまう。

映画の冒頭。
豪華なホテル。きらびやかな服。
偽造旅券、そして女。
そこからは、金があれば何でも出来るような印象を持つ。
しかし、最後、サリーはつぶやく。
「お金はいくらでも作ることができる。」と。
しかし、失われた人々の命は二度と戻らない。
そして、戦前と同じ生き方は、もはやできなくなってしまったサリー。

仲間を助けたい。究極で、ぎりぎりの選択をしたサリー。
しかし、彼らが生き残れたのは、単に運とタイミングの良さのため。
一歩間違えていたのなら、自分や仲間は死んでいたのかもしれない。
もしかしたら、自分は史上最大の悪事に加担させられていたのかもしれない。
もし、あの状態が続いていたのなら、果たしてどうしたら良かったのか?
逆にもっと上手に対応していれば、死んでいった仲間も死なずにすんだのかもしれない。
それらは、誰にもわからない。
しかし、サリーの心から、その自問は、
心に負った傷として、消えることは無いのだろう。
心に大きな虚しさと直せない痛みを抱えてしまった男の映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.580 / タイトル は行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
これは本当に究極の選択が突きつけられ、
彼らの痛々しい気持ちが伝わってきた映画でしたね。

原作本は、信念を守った男が書いたらしいんですが、
映画では、仲間の命を助けた男が主人公になっていて、
ドラマティックなストーリーになったような気がします。

どんな風に選択しても、
彼らは心に傷を負い、それは消える事はないでしょう。
事実は大きくて重いですね。

2008.11.24.Mon / 18:07 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんにちは。

やっと帰国しました。
今回は長い出張。ヨーロッパはとても寒かったですよ。

究極の選択にして、悪魔のような選択。
どんなにしても仲間や自らの命が危うく、成功していたら、市場最大の悪事に荷担したことになってしまう、、、
選択をする時よりは、事後の虚しさが印象的でした。

 この映画には原作があったのですね。知りませんでした。「信念を守った男」が主人公ですと、また違った味わいの話になりそうですね。けれど、映画の方が私は好みなような気がします。確かにドラマチックですしね。

 それじゃ、また。

2008.12.07.Sun / 16:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
サイト作りの参考サイトを回ってます。また読ませてもらいます。
2008.05.01.Thu .No191 / エルメス / PAGE TOP△
2007年度アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。 ここ3年間、外国語映画賞は私の心にガツンときた作品が続いたので、 今作も観てみた...
2008.11.24.Mon .No271 / Rocking Chair Blog / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.