鉄人28号  
2008.04.17.Thu / 20:47 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




大いなる冒険への一歩を前にして、
躊躇し立ち止まる少年。
しかし、彼を励まし、背中を押す周りの人々。
少年の冒険に対する第一歩への決断とは、
こんなにも人々から祝福されることなのだろう。
そして、祝福される価値があることなのだろう。
そんな幸せな光景を描いた映画。




高名なロボット工学の博士を父にもつ、金田少年。
そして、父が彼に託したロボット、鉄人28号。
しかし、果敢にも挑んだ最初の戦いは悲惨な惨敗。
父親に対する複雑な心境、最初の失敗。
鉄人を操縦することに躊躇する金田少年。
しかし、彼の背中を押す様々な人々。
「男の子の人生は、冒険から始まるんだ」
人生の先達として、そして父親、祖父の代わりとして、
道を教える、綾部達蔵。

「戦う勇気だけが、あなたの武器なのよ」
本当は褒めてあげたい、しかし、厳しく接する立花真美。
金田少年の苦境に理解しつつも、
しかし、決して妥協は許さない。

本当は鉄人に係わって欲しくはなかった。
なぜなら、父親同様、息子までも鉄人と運命を共にし、
その身を滅ぼして欲しくはなかったから。
しかし、少年は母親の庇護のもとから旅立つ時が来たのだろう。
ついに金田少年を送りだす、母親。

「信じて進め。」
本当は鉄人を操縦したかった金田少年。
すでに冒険への心構えは出来ているのだ。
その背中を押したのは父親の広くて大きな言葉。

「大丈夫だ、まだやれる。」
喧嘩ばかりしていた悪友たち。
鉄人に命を込めた職人たち。
皆が金田少年の冒険に声援を送る。

クライマックスは、鉄人とブラックオックスとの対決。
それは、父の遺志を継いだ金田少年と
息子への想いを止められない宅見零児との対決なのだろう。
そして、勝利する金田少年。
「父は破壊の道具として鉄人を作ったわけではない。」
そんな父の想いを鉄人を通じて理解した金田少年。

少年の冒険に対する第一歩への励ましは、さながらに、
彼らの金田少年への祝福に見える。
そんな幸せな光景を描いた映画。


職人たちが鉄人を手作りで創り上げるシーンが、
作品全体のレトロな感じを演出していてる。

しかし、、、
ところどころにある矛盾、
奇妙なリアクションや演出は、
映画に大甘な私としては、まだ許せるとしても、
ストーリーが詰め込み過ぎで消化不足、
不要と思われる配役も多過ぎで、
一人一人が大切にされていない脚本もちょっと、どうかと。
それぞれの役者さんたちが素晴らしかっただけに、
とても残念な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.581 / タイトル た行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.