ぼくの大切なともだち  
2008.08.28.Thu / 22:03 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。


友情に証しなど
存在しない
ただ友情が存在するだけ


果たして自分には親友と呼べる人がいるのだろうか?
親友を探した男。
けれど、彼は親友の意味を知らなかった。
親友の意味を理解した時、
実は親友と呼ぶことができる人々が、
身の回りにいることに気づく。
そして、親友のありがたみも。
親友の意味を見つけ出した男を描いた映画。


あなたには友達はいない。
そんな事を言われてしまい、
今月中に親友を紹介する賭けをしたフランソワ。
賭けに勝ちたい。しかし、
俺は友達が一人もいない寂しい奴じゃない。
フランソワは、それを証明したいが為に、
親友を探しているように見える。
懸命に親友を探すフランソワ。
しかし、彼はいかに周りの人に接してきたのか、
自分の無神経さを知る事になる。
相手に対する無関心さ。
お金が人を幸せにするという勘違い。
友達を探し、
しかし自らの社交性のなさを知る事になったフランソワ。

友達を作る方法。その三つの秘訣。
タクシーの運転手であるブリュノに教えてもらい、
それを実践するフランソワ。
しかし、友達はできない。
そもそも、万人に共通する友達ができる方法など、
存在しないのだろう。

サッカー観戦を共に楽しみ、一緒にバカをした。
ブリュノを友達だと思う事ができたフランソワ。
だから確証が欲しい。賭けに勝つためというよりは、
確かな友情の証しを得たいが為に。

友情を試した。しかし、それは裏切りに近い行い。
失ってみて、初めて友達を実感できた。
フランソワにとっては、
すでにブリュノはとても気になる存在。
そして、とても心配な存在。
フランソワは、ブリュノはとても社交的だと思っていた。
しかし、実はブリュノは自分と似たような悩みを抱えていたことを知る。

友の為に、友の夢をかなえたフランソワ。
こうして、彼は友達の意味を理解したのだろう。
思えば、友達はすでに彼の周りに存在していたのだ。
「あなたには友達はいない。」
「その壷を持つ資格はあなたにはない。」
それらは、友人たちからの忠告であり、おせっかいであり、
友達になりたいというメッセージだったのだ。
友達の意味を知らなかったフランソワには、
それがわからなかったのだろう。

お前に親友はいるのか?
この質問はとても重く感じる。
なぜなら、親友の証しなど、存在しないから。
しかし、本当はとても軽い質問なのだ。
相手のことを知り、心配し、何かをしてあげたいと願う。
たとえ、その相手が仕事仲間であったとしても、
そう思えば友達になれるのだ。
そして、そこが親友になるための始まりなのだ。

最後には一番の親友になれたフランソワとブリュノ。
最初は、大勢いるうちの一人。
しかし、お互いを知り、かけがいのない一人となったのだろう。
親友の意味を見つけ出した男を描いた映画。

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.619 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.