スピード・レーサー  
2008.10.04.Sat / 13:47 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




少年時代の憧れ。
その憧れが実は虚像であり、
汚れていたことを知った時、
兄弟は、その汚れを取り除き、
憧れを自らの手に取り戻そうとする。
それを強く支える家族の愛情、仲間との絆。
強く憧れを信じ、それを取り戻した兄弟を描いた映画。



少年時代からレーサーと兄に憧れてきたスピード。
兄を追いかけるようにレーサーへの道を進む。
しかし、兄は泥にまみれ、帰らぬ人となってしまった。
そして、華々しいデビューを飾ったはずだったスピード。
兄の記録を越えようと果敢に挑み、しかし、スピードは、
最後にはアクセルを緩めてしまう。
兄を超えたい、でも、
誰にも超えて欲しくはない、それは自分自身でさえも。
スピードの中では兄は絶対的な存在なのだろう。
ローヤルトンから、レース界の仕組みを教えられ、
その汚い世界に反発をするものの、
しかし、ローヤルトンのために窮地に立たされるスピード一家。
この窮地を脱するには、やはりレースしかない。
ナゾの覆面ドライバーXとともに、ローヤルトンの不正に挑むスピード。

なぜレースに出場するのか?
なぜ走り続けるのか?
夢や憧れは、きっかけに過ぎない。
富や栄光の為などでは決してない。
走り続けたその先に見える一瞬の光景。
誰もが感動する、その、えも言われぬ光景。
最高の芸術のみが作りえる、一瞬の輝きのために彼は走り続けるのだろう。

最後のレースでローヤルトンの不正を暴き、レースにも勝利する。
自身が望んでいた憧れを取り戻すスピード。

兄はきっと、この日ために自らを犠牲にしてきたのだろう。
そして、二度と家族のもとには戻らないと決めていたのだろう。
憧れを取り戻すためとはいえ、自らが不正に身を染めてしまった。
だから、いまさら正体を明かすわけにはいかない。
もはや、あの汚れなき世界には戻れないのだ。
あの世界は自らが取り戻したにも関わらず。
そして、最初からそれは覚悟の上であったのだろう。
自身と弟の憧れのために。

CGが多用された映画。
しかし、私にはそれが成功しているとは思えませんでした。
レースシーンは、アップの画が多すぎて何が起きてりるのかわかりにくい。
突然目の間を横切りセリフをしゃべる登場人物の効果もいまいち。
そして、豪華な脇役がいまいち生かされていない。
作り手の原作に対する強い愛情が強く感じられ、
真っ向勝負のストーリー、特に「悪の栄えたためしなし。」のキメセリフも心地よい。
それでも、こんな夢のある映像を見てみたかったという部分が少なかった気がする。
とても残念な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.629 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
去年にもうご覧になってたんですね。

映像のほうが残念でしたか。
私は細かい部分が見づらくても、
全体的な躍動感あるきらびやかな世界が夢のようで好きでした。

お兄さんは真実を告白すればいいのに~と思ってたんですが、
ヤンさんの記事を読むと、
元に戻れない事情、戻らない覚悟があっての事なので、
仕方ないかなと思えてきました。

ひょっとしてレーサーXは兄?→顔が違ったか・・→やっぱり!
の展開は良かったですよね。(^^ゞ

2009.08.21.Fri / 16:03 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんにちは。

レースのCGですが、
状況が見えにくいってのは、
個人的には見ていて辛かったです。
誰がどの車に乗っていて、
どんな順位で、あとどれくらいでゴールなのか、
そのあたりが掴み易かったらよかったと思いました。
でも、確かに細かな点に目をつぶれば、
夢のようなきらびやかさ、
激しいデッドヒートと見所は沢山ありましたね。

 最初のデビュー戦を絡めながら兄との思い出を見せて、
最後には兄の記録をあえて超えない。
レーサーの兄への気持ちが良く分かる上手な展開でした。
しかも、YANさんのおっしゃるとおりのどんでん返し的展開。
顔が違ったときは、ええ!! と思いました。

 あと、真田さんは何でこの映画に出演したんだろ???

 それじゃ、また。

2009.08.22.Sat / 09:50 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
世界的に興行収入が良くなかった、つまりコケたというのは 耳にしていたので、あまり期待せずに観たら、 なにがなにが、面白く出来てるじゃ...
2009.08.21.Fri .No323 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△
 スピードレーサーのDVDを観ました。確か、2008年の夏ごろに公開された映画だったと思います。原作は、日本の「マッハGoGoGo...
2009.08.24.Mon .No324 / 本とTVとDVDの感想日記 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.