バンテージ・ポイント  
2009.06.25.Thu / 20:57 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






多分、普通の見せ方をすれば、
それほど、面白い話にはならなかっただろう。
しかし、見事な構成と、見事な演技を見せるベテラン俳優たち。
短い上映時間に、映画の面白さが凝縮された映画。


8人の視点で描かれる大統領暗殺事件。
視点が変わるごとに、新しい事実が判り、
物語りも、少しづつ前に進む。

多分、過去にも似たような構成の映画はあっただろう。
しかし、映画の緊迫感を盛り上げるために、
このような構成を使用した映画は珍しいのではないのだろうか。
そして、この構成が、
視点を担当した人間一人一人を十分に魅せてくれている。

復帰間もない故に、情緒不安定なシークレット・サービス、バーンズ。
焦りからか、不安からなのか、
観光客が懐から取り出すカメラを銃と間違え、
扇風機の風を狙撃者と錯覚する。
数々の間違いが彼の不安と焦りをいっそう掻き立てる。
これらが巧妙なテロリストの罠とも知らずに、、
しかし、彼はやはり一流のシークレット・サービス。
断片的な映像情報からテロリスト達に迫る手腕は、さすが。
騙された怒り、任務に対する執念、
なによりも自分の誇りを取り戻す為の追跡劇、カーチェイス。
バーンズの心情もあいまって見事な迫力。
妻との間に問題を抱えてる為か、一人ヨーロッパを旅しているハワード。
彼が事件に巻き込まれた一般人の心情をよく表している。
自分が撮ったビデオが世紀の一瞬を捉えていた。
大事件を目撃し、巻き込まれた時の高揚感。
自分が何か他にも役に立つのではないのか。
冷静な時では決してしないであろう。しかし、
カメラを抱えて容疑者を追うハワード。
けれど、容疑者ばかりではなく、目の前で多くの命が失われ、
果敢にも幼き娘の救うことになる。
きっと、無我夢中だったのだろう。
すべてが終わって冷静になり、思うことは、
誰が死んでもおかしくはない状況下で、
自分の命は無事であったということ。
そして、本当に大切にしなければならない人は、
誰であるかということ。
「すぐ帰る、愛していると伝えてくれ。」
の台詞の心情がよく伝わってくる。

目には目を。しかし、報復の連鎖は、ここで断ち切るんだ。
報復はしない。そして首脳会談には出席するんだ。
国際テロ撲滅に強い意志を示す大統領。
そして、わが身を犠牲にして自分を助けてくれたバーンズを友と呼ぶ。
映画故に美化されているだけかもしれない。
しかし、国の主導者として、国際社会のリーダーとして、
このような人がふさわしいはずだと思わず納得してしまう。

見事な手腕で大統領誘拐を、
あと少しで成功させるところまでこぎつける、
テロリストのリーダー、スワレス。
仲間を「俺達の誇りだ」と自爆させ、
末端の処理にも、抜かりがない、冷酷な男。
傲慢なアメリカ人はすべて見抜かれているとは想像もしない、
と、アメリカ人を心底憎んでいる。
しかし、彼にも目的の為に犠牲にしてよいものと、
そうでないものの区別だけは付いていたのだろう。
車の前に飛び出した少女を避けたスワレス。

徹底的に無駄をそぎ落とした結果、
この構成が一番判り易く面白いと判断したのだろう。
そして、登場人物の心情もよくわかる。
それに見事に応える俳優たち。
ベテランの彼らで無ければ陳腐な映画になってしまったかもしれない。
短い時間に、映画の面白さが凝縮された映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.702 / タイトル は行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさんの感想には主要4人の登場人物の心情が
書かれていますが、
バーンズが年齢の割りに、身体を張って大活躍してましたね。
>自分の誇りを取り戻す為・・・だったでしょうね。

それぞれのドラマが上手く重なると
新しい事実が判明するという、面白い構成でした!
眺めているだけでいい、肩の凝らない作品でしたね。

2009.06.30.Tue / 17:32 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

 デニス・クエイドも、すでに60に近い年齢なのに、さまざまな映画に体を張って活躍していますね。今後もぜひぜひ活躍してほしい役者さんです。

>眺めているだけでいい、肩の凝らない作品でしたね。

 いやいや。私の場合は画面に目が釘付けで、同じ姿勢で凝視していたから、見終わった後は肩がこりこりでしたよ。もし、もっと長かったらヤバかったかも。デニス・クエイド見習って体鍛えないといけませんかね。

 それじゃ、また。

2009.06.30.Tue / 22:52 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
一つのエピソードが終わるとヒュルヒュルと巻き戻って、 また同時間帯の他のエピソードへ。 それによって少しずつ事件が解明されるという手...
2009.06.30.Tue .No307 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.