2009.08.27.Thu / 21:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。







遠く故郷の星を離れ、地球に二人きり。
背中には大きな使命を背負わされ、
超能力があるといえども、まだ子供。
そんな子供二人を捕まえて実験しようとする大人。
そんな子供二人を抹殺しようとする大人。
しかし、自らの危険を顧みず、
二人に救いの手を差し伸べる大人も、また存在する。
世の中には様々な人が居て、
信じてはいけない大人が居るものの、
信じても良い大人も確かに存在するのだ。
そんな幸せな関係を描いた映画。


過去にワケありなタクシー運転手、ジャック・ブルーノ。
演じるドウェイン・ジョンソンのキャラのおかげか、
見かけは厳ついものの、
弱き者は見捨てられない優しさを持つ男のように見える。
ひょんなことからジャックが客として拾った兄妹、サラとセス。
そして明かされる兄妹の秘密。
地球人にも狙われ、同胞からも殺されそうになる兄妹。
自分の手には余ると、ここで幼い兄妹を捨てることもできただろう。
しかし、迷いながらもジャックは兄妹を捨てることができない。
それは、兄妹が幼かったからかもしれない。
また、超能力があるとしても、地球の事情を知らず、
弱い兄妹には庇護が必要であったからかもしれない。
しかし、一番の理由は、純粋に自分を信じていてくれるサラの信頼に応えたい、
と考えたためなのではないのだろうか?

レストランで自分たちを匿ってくれたウェイトレスと保安官。
UFOの隠し場所を突き止めた博士達。
最後まで力を貸してくれたフリードマン博士。
様々な大人たちの協力で、最後には使命を果たすことができた兄妹。
確かに、この世には信じてはいけない大人たちが沢山居る。
命の価値を省みず人体実験の材料にしようとした政府の役人たち。
侵略という暴力的な方法で未来を掴もうとした異性人。
しかし、信じてもよい大人もまた、存在する。
子供達の信頼に応えようとする大人たちが、、、
そんな幸せな関係を描いた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.721 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.