スター・トレック  
2010.02.09.Tue / 21:27 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






あのスタートレックが帰ってきた。
それも、カークたちの前日談という形で。
あのスタートレックの登場人物の若き姿を、
想像以上の形で見事にまで再現。
あれは、まさに彼ら。
それだけでも素晴らしい。

製作サイドが目指したのは、
スター・トレックのファンにも
スター・トレックを知らない人にも面白い映画を目指す、
との事である。
確かにトレッキーで無くとも楽しめる映画であり、
トレッキーならば、より楽しめる映画となっている。

そして、これが単なる前日談ではないという、嬉しい驚き。
見ていて本当に幸せな時間を過ごせた映画。




無鉄砲で常識に囚われない考え方をする、判断力と統率力に優れた男、カーク。
友情に厚く、しかし、へんなこだわりを持ち一言多い男、マッコイ。
論理を重んじるが、人間の感情の価値をも知る男、スポック。
そんなお馴染みの彼らが、若き姿となって帰ってきた。
似ているのは容姿ばかりではない。性格や言動も、まさに彼ら。
映画の冒頭から見ごたえのあるシーンの連続。
ケルヴィン号が未知の敵に襲われるシーンは、
自分たちが沈没する船に居合わせていると錯覚できるほどの臨場感。
誕生したばかりのカークの泣き声が入るタイミングも絶妙。
こんな調子で、スタートレックを知らない人でも十分楽しめる。

しかし、スタートレックを知っていれば、より面白い。
あの、「コバヤシマル・テスト」のエピソードを、
スクリーンで見れる日が来るとは思わなかった。
ラストでブラックホールから抜け出すときに、チャーリーに、
「Do it! Do it! Do it!」の三連呼は、まさにカーク。
そして、スポックの名台詞。
「これまでも、そしてこれからも私は永遠にあなたの友人です」

唯一残念なのは、オリジナルの最大の魅力であった、
カーク・スポック・マッコイの会話の掛け合いが少なかったこと。
彼らが深く知り合う前の話ではあるから、それは仕方の無いことなのかもしれない。

そして、これは単に前日談を描いた映画ではない。
それが、逆にこの映画の自由度を高め、
さらに、将来の新作の期待をも高めている。

「宇宙、そこは最後のフロンティア
 これはUSSエンタープライズが、任務を続行して新世界を探索し、
 新しい生命と文明を求めて人類未踏の地に航海した物語である。」

この最後のナレーションも嬉しい。

見ていて本当に幸せな時間を過ごせた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.763 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

なるほど、ヤンさんは相当、スター・トレックにお詳しいんですね。
本当に心から楽しんでご覧になった様子が伺えます☆

以前のエピソードがあちらこちらに散りばめられていたとは、
それは私以上に楽しまれた事だと思います★

それにしても、本作はファンも素晴らしいと感じるほどに、
クルーのキャラを見事に再現しているんですね!
スコッティ(サイモン・ペッグ)は本作の新キャラなんですか?

2014.06.16.Mon / 17:33 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

最初のシリーズだけでしたが、映画は何度も見ました。
見ている間は、本当に幸せで、
見終わった後は、自宅鑑賞にも関わらず拍手してしまいました。

スコッティはオリジナルにも居ましたが、
もっと大柄で少しおとなしめでした。
それでも技術オタクっぽいとことか、船を愛してるところとかは、
そっくりです。
ですが、スコッティが連れていたペットは、確か、
オリジナルには居ませんでした。

それじゃ、また。

2014.06.17.Tue / 21:40 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
宇宙、そこは最後のフロンティア。 STAR TREK 監督:J・J・エイブラムス 製作:2009年 アメリカ 上映時間:126分 出演:*クリス・パイン *ザカリー・クイント *エリック・バナ *ゾーイ・サルダナ *カール・アーバン *ジョン・チョー *サイモン・ペッグ *アントン・イェルチン *クリス・ヘムズワース あなたは今、未知の世界を体験するーー ...
2014.06.16.Mon .No621 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.