ウォンテッド  
2010.03.10.Wed / 20:32 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






あり得なさそうで、あり得そうな、
すさまじいアクションシーンの数々。
曲がる弾丸。
宙を駆ける車。
コンマ数秒の動きを見切る超人。
しかし、奇妙に懲りすぎたストーリー。
もっとシンプルに魅せてくれれば楽しかったのに。
それでも、アンジェリーナ・ジョリーの存在感が、
いっぱい詰まった映画。



なんとも情けない日々を送るウェスリー。
しかし、彼の父は、凄腕の暗殺者。
そして彼にも、その才能が宿っている。
終わりを告げる退屈な毎日。
そして始まる刺激的な日常。
最初から魅せてくれる、アクションの数々。
まさか、あり得ない、
と思わずにはいられないはずなのに、
なぜか、あり得てしまうのでは、
という不思議な説得力を持っているアクションシーンの連続。
弾丸は曲がる、自動車が空を飛ぶ、
人までが飛んでしまう、、
その奇妙な美しさ故に感じてしまう説得力なのだろうか?

父親の復讐を誓うウェスリー。
そして対峙する敵。
しかし、ここから奇妙に屈折してゆくストーリー。
それまでも、確かに説教くさいストーリーではあった。
しかし、アクションに魅了されて、
その説教くささは目立ってはいなかった。
しかし、後半からは、自分は一体何者なのか?
それが何度も繰り返される。

ストーリーを単純にすれば、
もっとアクションシーンが楽しめたのかもしれない。
ラストにいたっては、
今までの面白さをも打ち消してしまうような展開。
しかし、それでも、
最後には、けじめをつけたアンジェリーナ・ジョリーの美しさ。
スローンの言っている事が正しいのか、間違いなのか?
しかし、それに盲目的に従ってきてしまった自らの愚かさに、
けじめをつけたのだろう。
アンジェリーナ・ジョリーの存在感が、
いっぱい詰まった映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.773 / タイトル あ行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

私はジェームズ・マカヴォイにあまり興味がいかなかったので、
やっぱりヤンさんと同じように
アンジーの強さや美しさがステキだなと思いました。

でも、一番は遊び心のある映像かな。
作り手も内容より映像を見てほしかったのでは?(^^;

2010.03.13.Sat / 16:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんにちは。

この映画の主人公は、やはりアンジー姉さんでしょう。
というか、私は違和感なく、そう観てましたよ。
やることなくすこと、いちいちカッコよすぎ。
また、それらが全然自然にできてしまうあたり、
すげーなー、と思えます。

確かに、遊び心溢れた映像でしたが、
もっと映像に集中できるように、ストーリーは単純、
一般市民の犠牲者もなくして欲しかったです。

それじゃ、また。

2010.03.14.Sun / 11:44 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
ストーリーよりもヴィジュアル面を楽しむ映画です。 最初から最後まで遊び心いっぱいで エキサイティングな新感覚映像が楽しめました! ...
2010.03.13.Sat .No358 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.