私がクマにキレた理由  
2010.04.08.Thu / 23:00 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






自身の人生に迷っていた女性。
そんな女性が、ちょっとした遠回りで知ったこと。
なぜ、親が子供に愛情を注ぐのか?
幸せになるには何が大切なのか?
親の愛情を知り、しかし、親離れをして、
自身の人生を歩き始めた女性を描いた映画。


母親から言われるままに人生を決めてきたアニー。
採用の為の面接で自分を語ることができないのは、
自分で決めた人生を歩んできては、いないからなのだろう。

公園に行くと様々な人が居る。
それは、将来の自分と思えるような人にも。
だから、ここに居ると自分の将来が見えてしまう。
そして、人生に迷う。このままで本当にいいのだろうか、と。

母親の言うことに盲目的に従ってきたわけではない。
どこかに疑問を感じながらも従ってきたのは母親が好きだから。
けれど、一時だけ自分ではない人生を生きてみるのも悪くは無い。
車から、Freedamと叫ぶアニー。
それは母親からの独立を意味していたのだるう。
こうしてナニーを始めるアニー。
しかし、楽な道ほど地雷は多い。
予想以上の困難。
しかし、徐々にグレイヤーと親しくなれるアニー。

最初は、上流階級の生活を観察するつもりだった。
しかし、徐々にアニーは彼らに感情移入をしてしまう。

グレイヤーはとても可愛く、しかし、孤独で可愛そう。
何時までもそばに居てあげたい。
きっと、親が子供に注ぐ愛情とは、こんな気持ちなのだろうか。

何もかも手に入れているはずの、ミセスX。
しかし、とても可愛そうで惨めに見えるのは、なぜ?
それは、彼女が彼女の人生において、
本当に大切なものに気づいていないから。

何時までも彼らと共に生活はできない。
感情移入したならば、撤収すべきなのだ。
そして、ナニーの仕事も予想以上に大変で、
それでもナニーをしなければならない人たちもいる。
自分の子供をほって置いて他人の子供を育てなければならない人々が、
この世界には沢山いるのだ。
だからナニーは、自分のような人間が軽い気持ちでやっていいものではない。
けれど情が移り、なかなか別れを切り出せないアニー。
そんなアニーの気持ちとは裏腹に、
ミセスXはアニーを首にしてしまう。
自分はあなた達を心配して止めないでいたのに、、
遂にクマにキレたアニー。

しかし、ミセスXも、アニーの母親も話せば分かってくれる人。
そして、自身の人生を生きる力を持っている人。
だから間違いに気付けば彼女たちは修正は可能なのだ。
けれど、自分はいったい何?
実は自分も彼女たちと同じだったのでは?
情に流され大切なことを見失い、親の愛にも気づかなかった自分。
グレイヤーのことはちょっと寂しい、けれど、
分かれなければいけなかったのだ。
それぞれの人生を歩むために。


親の愛情を知り、しかし、親離れをして、
自身の人生を歩き始めた女性を描いた映画。



* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.781 / タイトル わ行 /  comments(2)  /  trackbacks(3) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from 猫人 -

こんばんわ、ヤンさん!

雰囲気が心地よいし、スカーレット・ヨハンソンの魅力もいっぱい!
タイトルの意味もなるほど納得。
こういう女性の生き方ってなんか深くて良かったな~と。

なんか、『アメリ』を思い出しました。

2010.04.11.Sun / 00:11 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

猫人さん、こんばんわ。

スカーレット・ヨハンソンは、
セクシーな役もこなせば、コメディも良いという、
不思議な雰囲気を持った女優さんですね。

観察していたつもりが、のめり込んで、
何時しか自分の人生について振り返る。
そのあたりもなかなかに味わい深いものがありました。

「アメリ」ですか。なるほど。
ナレーションが入るような面白い雰囲気や、
自身の幸せ探しなんか、確かにそうかもしれませんね。

それじゃ、また、

2010.04.11.Sun / 20:21 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
なりたい自分がきっと見つかる。 マンハッタンのお仕事探し。 【感想】 大学を卒業後、就職試験に失敗して途方に暮れるアニーが、 ひょ...
2010.04.11.Sun .No365 / Recommend Movies / PAGE TOP△
作品情報 タイトル:私がクマにキレた理由 制作:2007年・アメリカ 監督:マーク・スオッゾ 出演:スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー、アリシア・キーズ、ニコラス・リース・アート あらすじ:ステキなエリートを夢見るアニー(スカーレット・ヨハンソン)は
2010.07.28.Wed .No390 / ★★むらの映画鑑賞メモ★★ / PAGE TOP△
85.私がクマにキレた理由■原題:TheNannyDiaries■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月25日、みゆき座(日比谷)スタッフ・キャス...
2011.01.12.Wed .No412 / KINTYRE’SDIARY / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.