罪とか罰とか  
2010.06.03.Thu / 15:42 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






自分は何一つまともに出来ない。
味方も居なければ、運もない。
劣等感にさいなまれ、煮詰まっていた女の子。
それは、なんともったいないことなんだろう。
なぜなら、彼女は望むことは出来る子なのだから。
そんな女の子が劣等感を克服し、
自身に自覚を持つまでを描いた映画。

時系列をずらして見方を工夫してはいるが、
引き付ける何かが足りないように感じる。
ちょっとした工夫でもっと面白くなるのでは、、、
そんな印象をも持ってしまった映画。



売れないグラビアアイドルの円城寺アヤメ。
自分よりも下だと思っていた友人にも大きく差をつけられ、
雑誌には逆さまに、しかもシミまでつけられて掲載された。
劣等感にさいなまれ、自分の価値を見失い、
煮詰まっている女の子。
一日署長をやっても前向きにはできない。
なにを頼まれても「無理無理」を繰り返す。
当然といえば当然ではあるが、煮え切らない態度は、
知らない職業だから、というだけではないのだろう。
遂にはトイレに逃げ込むアヤメ。

けれど、トイレで謎の男に諭される。
そして知る、自分に対する他人からの本当の評価。
だから劣等感は消え、自身を取り戻すことができたのだろう。


豪華な俳優陣、時系列を微妙にずらしてみせる工夫。
けれど、なにか物足りない。
アヤメのはじける前と後の差異が微妙というか、
あまり変わっていないのでは?
「殺したら射殺します。」という台詞が
ボケになってしまっているのも残念。

時系列を微妙にずらしての見せ方も、
興味を引く対象がボヤけては、
「あれは、こういったことなのか」
という快感もあまり感じられない。

ジョークもブラックというか、
後先考えない勢いに負う部分が多く、
好き嫌いが分かれそう。

ちょっとした工夫でもっと面白くなるのでは、、、
そんな印象をも持ってしまった映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.797 / タイトル た行 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from タケヤン -

ヤンさん、御無沙汰です。
久々にチョロッと出てきました(笑)

「罪とか罰とか」は、鳴海璃子ちゃん目当てで観に行った
俺としては、璃子ちゃんのコメディエンヌぶりには大満足でした。
ヤンさん的にはイマイチだったようですが・・・(泣)

璃子ちゃんといえば、最近、「武士道シックスティーン」を
観てきましたよ。
古厩智之監督で、璃子ちゃん&北乃きいちゃんW主演とくれば、
俺が観ないわけにはいきません(笑)
で、個人的には古厩監督作品久々のヒットです。
小池徹平主演で「ホームレス中学生」を撮ったときは
どっち方面へ行くのかと危惧しましたが・・・(笑)
いやぁ、これは「ロボコン」の体育会系版ですね。

「おと・な・り」が凄く評価が高いですねぇ。
俺は、ラストだけがちょっと引っ掛かっちゃって(汗)
2人が最後に出会うじゃないですか。
でもその前に、聡が七緒の部屋を訪れたけど、
七緒がいなくて会えませんよねぇ。
その時の、聡が七緒の部屋のドアをノックする直前で・・・
カァットォ~~~! The End 
エンディングロールが流れて後は観客の想像におまかせ~!
って感じだったら余韻が残って素敵だったのになぁ~~~。
以上、タケヤンの勝手な妄想でした(笑)

2010.06.06.Sun / 22:14 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

おお、タケヤンさん、お久しぶりです。

実は私も、鳴海璃子ちゃん目当てです。
でも、確かにいまいちでした。
鳴海璃子ちゃんは、コメディが似合わないかも、、、
なんて思ってしまいました。
ちょっとお顔が丸くなってしまったのも残念。

そして、古厩監督の新作ですか。羨ましいです。
毎度の事ながら私の田舎には来そうにもありません。
「古厩監督作品久々のヒット」ってそれだけでもそそられますね。
古厩監督と鳴海璃子ちゃんは、とても相性がよさそう。
実は、「書道ガールズ」も観たかったのですが、、、
これも来そうにありません。残念。

「おと・な・り」は、なんといっても、麻生さん。
まあ、それだけじゃありませんが、、、
もっと泥臭い話かと思っていたら、やはり泥臭かったのですが、
しかし思った以上に、メルヘンチックでした。
タケヤンさんのラストも結構メルヘンチックですね。
映画版は説明過多かもしれませんが、
あれはあれで、いろいろ想像できて面白かったです。
最後に顔を会わせた時の麻生さん表情がとてもよかったです。
で、結局は麻生さんなんですが、、(^.^;)

それじゃ、また。、

2010.06.09.Wed / 22:35 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.