砂の器  
2010.06.10.Thu / 19:39 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






父親との絆にのみ、存在した至福。
それ以外の幸福は偽物として拒否した男。
そんな男が、父親と隔離されてしまった時、
人生の宿命を悟ったのだろう。
そんな悟りを彼の心に培ったのは、
人がもつ弱い心や無知故の、不条理な差別。
そんな差別に翻弄され、この世界の幸福を拒否し、
しかし、最後までお互いを愛し求めた親子を描いた映画。


前半は謎を追うミステリ、しかし、後半暴かれる悲惨な真実。
見事な脚本により、見事な演技を見せる俳優陣。
日本の四季の美しさ。列車での旅の独特な雰囲気。
現場は原点とばかりに泥臭い捜査を続ける刑事たちの執念。
そして、我々にとっては、憶測することはできても、
深く理解することなどはできないであろう、犯人の心理。
それを直接でなく客観的に描いたのは大正解だったと感じる。


この映画は、ハンセン氏病への故無き差別を扱っている。
当然差別には反対の立場で描かれてはいるが、
逆に、この作品により、知名度があがり、差別を助長してしまったという、
悲しい事実もあるようだ。
よって念の為に映画のラストの字幕を引用したい。
「ハンセン氏病は、医学の進歩により特効薬もあり、
 現在では完全に回復し、社会復帰が続いている。
 それを拒むものは、
 まだ根強く残っている非科学的な偏見と差別のみであり、
 本浦千代吉のような患者はもうどこにもいない」
故無き差別により、流浪の旅を強いられた親子、本浦千代吉と秀夫。
差別は、このような幼き子供にも流浪の旅を強いてしまうのか。
酷い差別を味わい、普通の生活に憧れ、
しかし、秀夫は父との生活の中で、本当の幸せを感じたのだろう。
周りの仕打ちが酷ければ酷いほどに、その想いは強くなったはずだ。

亀高を訪れた時、彼ら親子に転機が訪れる。
それまでは、酷い差別しかしなかった人々。
しかし、亀高の駐在警官である三木謙一は、二人を暖かく迎え入れる。
けれど、それが結果的には二人を引き裂いてしまうことになる。
善意で二人を引き裂かざるを得なかった三木。
ここに、この世界の矛盾、不条理が存在するのだろう。

多分、秀夫は三木と共に暮らせば幸せにはなれたであろう。
しかし、それは秀夫が求めていた幸せとは、違うもの。
家出をした理由を、今西刑事は、放浪癖とか、父を追い求めた、
といってはいるものの、私には秀夫が三木が与えようとした幸せを、
拒否したように思えてならない。
秀夫が三木を嫌っていたわけではない。しかし、
秀夫は三木が与えてくれるであろう幸せを拒否して、
父親との幸せな思い出を守るため、泣く泣く家出をしたのだろう。


「幸せなんてものがこの世にあるのかい。
 もともと、そんなもの無いのさ。
 無いから、みんな、そんな影みたいなものを追いかけているのさ。」

映画には描かれないが、三木の家を出て、
一人流浪の旅を続けたであろう、秀夫。
隔離されてしまった父親。その父親に面会をすることの意味。
もう二度と父には会えない。いや、会わない。
自分が欲している幸せも、この世にはない。
徐々に大人になっていく過程で英良は、
そんな宿命を悟らざるを得なかったのだろう。


英良が自分の息子を欲しがらなかった理由。
それは、自分の素性が分かってしまうことを恐れたから。
けれど、それに加えて、もう一つ別な理由があるように私には感じられた。
それは、父が居ない子供を生んで欲しくは無かったから。
そんな子供が幸せになれるとは到底思えない。
それは、今の自分みたいに。


英良が三木を殺害した理由。
それは、自分の素性が分かってしまうことを恐れたから。
けれど、それに加えて、もう一つ別な理由があるように私には感じられた。
元はといえば、父を自分から引き離したのは三木。
そんな三木が自分を父に再会させようとする矛盾。
そして自分は、すでに父親を捨ててしまっている。
いまさら会えるわけなどない。
所詮、この世界には幸福などはない。
それが自分に背負わされている宿命。
そう絶望している英良。
そんな想いが父親に会うことを強く拒否させたように思える。
しかし、本心では父親に会いたかったのだろう。

「そんなことは決まっとる。
 彼は今、父親に会っている。
 彼にはもう、音楽の中でしか父親に会えないんだ。」

それは、父親も同様だ。
それでも親子は再会を拒否してしまった。

この映画では英良の想いは直接には描かれない。
推測はできるが、しかし、私たちに彼らの想いは完全に理解はできない。
結局のところ、親身になって世話をした三木や
執念で二人の足跡を追いかけた今西刑事ですら、
その深い想いは分からない。
しかし、親子二人の悲惨な宿命。
これを二度と起こしてはならないことだけは、
皆が理解できるのではないのだろうか?

差別に翻弄され、
この世界の幸福から拒否され、逆に幸福を拒否し、
しかし、最後までお互いを愛し求めた親子を描いた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.799 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
これはかなり古い作品ですよね。
原作は読んだし、映画はテレビで観た事があります。
記憶はぼやけてますが、ヤンさんの記事でいろいろと思い出しました。

何と言ってもラストあたりの、
主人公のピアノ演奏シーンと、親子の回想シーンが重なる
ドラマティックな展開が一番心に残っています。

秀夫はこの世に自分が欲している幸せはないと絶望しながらも、
英良は、何としてでも素性を隠し、別人として
違う人生を生きたいと願ってたんですね。

2010.06.12.Sat / 17:58 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

古い作品ですが、いまさらながらの初見でした。
森田健作さんや丹波哲郎さん、加藤剛さんがみんな若い。
(あたりまえか。)
そして、とても上手い。
キチンとした活躍場所と脚本があれば、
皆いい仕事をするんだ、と思いました。

ラストの演奏シーンと親子の回想シーンは、見事でした。
ちょっとやり過ぎると、
くさく成ってしまう可能性もありましたが、
上手にバランスを取っていたことと、
日本の昔ながらの自然の美しさを取り入れていて、
見事なシーンになっていました。

強く愛し合っているにもかかわらず、
再会しないことを選択せざるをえない親子。
とてもかわいそうな話でもありました、

それじゃ、また。

2010.06.12.Sat / 23:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.