2010.07.01.Thu / 16:54 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




ミラに騙された!!


再現ビデオに実際の映像をミックスした手法。
もっともらしい学説や効果的な宣伝。
けれど、それだけでは騙されなかったと思う。
騙されてしまった最大の原因。
それは、ミラ・ジョヴォヴィッチの存在感。
映画の冒頭で彼女が語りかけなければ、
こんなには騙されなかったと思える。
ミラ・ジョヴォヴィッチの存在感を最大限に生かした映画。




この街では夜になると、何かが起こっている。
ふくろうを使った効果的なシーン。
実際の映像がミックスされたり、
シュメール文化への、もっともらしい解説。
確かにもっともらしく感じられはするものの、
やはり、いかがわしい。
それでも、画面にのめり込んで見てしまうのは、
ミラ・ジョヴォヴィッチの存在感。
映画の冒頭で彼女が、
「これは、アラスカで起きた事件を再現した」とか、宣伝で、
「65時間以上の事実の記録を見て考えが変わった」
と語るのを見ていなければ、途中で白けてしまったかもしれない。
私は権威に弱いということか?
いや、美女に弱いということにしておきましょう。
ミラ・ジョヴォヴィッチの存在感を最大限に生かした映画。

しかし、証人も沢山いるし、部下も証言しているのに、
その全てを否定して、自分の常識の方を信じた保安官。
こいつも、ちょっとヤバいかも。

暗闇から現れる影。
その影に連れさらわれる人々。
人体実験のおぞましさ。
それ以上に、息子に嫌われ諦められてしまった母親の姿が、
痛々しかった映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.803 / タイトル は行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

アハハ、いきなり「騙された」とは、ヤンさんも
この映画の信憑性をやっぱり疑っているんですね。
いかがわしさがプンプンですよね~(≧▽≦)ノ

ミラは特典映像でも、これが実話だと強調するような話を
してました。
本当に信じてもらいたくて製作した映画なのか、
遊びなのか、意図もよく分かりませんね~

2010.07.01.Thu / 17:54 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

いやー、本当にいかがわしい映画でした。
本当に、ミラが出ていなかったなら、
途中で白けてしまったかも、、、

映画の冒頭でも特典映像でもCMでも、
ミラは、これが実話だと強調するようなことばかり言ってました。
そして、もっともらしい
後から考えると、これは遊びなんでしょうね、きっと。
製作者サイドも、ノリノリ(死語?)、って感じじゃないでしょうか?

それじゃ、また。

2010.07.03.Sat / 20:56 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
この手の話は実際にあっても不思議はないけど、 この映画はどこまでが事実なのか、ん~・・よく分かりません。 監督:オラントゥンデ・オ...
2010.07.01.Thu .No383 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.