2010.08.19.Thu / 20:46 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






様々なバージョンが作成されてきた、この映画。
製作25周年と言うことで、監督が自ら再編集したのが、このバージョン。
色彩がとても美しくなっている。
使用されている音楽もさし変わっていて効果的。
私には分からない、さまざまな撮影上のミスも修正されたらしい。
鑑賞してから月日が経たからかもしれないが、
今回鑑賞してみて感じたのは、登場する人々の、生きたい、という強い願い。
そして、ロイがデッカードを助けた理由。
そんな新発見がうれしかった映画。

・ちなみに前回の私の感想

理不尽に設定された寿命。
しかし、それでも生き延びたい。
今回強く感じたのは、レプリカントたちの生きたいという強い願い。
ガラスに突っ込みながらも生きて逃げ延びたいと願ったゾーラ。
そして、彼らの凶暴性は、理不尽にも支配されてしまった命に対する、
苛立ちなのだろう。
先にどんな運命が待ち構えていようが、生きたい、生き抜きたい。
それは、デッカードもレイチェルも同様だ。
ロイがデッカードを助けた理由。
それはロイがデッカードに、生きることの意味を見出した、
それが理由だと思っていた。
けれど、今回感じた理由は、
自分と言う存在、そして抱えてきた想いを、
誰かに理解してもらいたい、自分の死後も残したい。
そう、考えたから、というように感じた。

命と言うものは、寿命が尽きれば、そこで終了、というものではない。
生きている間に残したもの、にも依存するのだろう。
ロイが残したデッカードの命。
そして、ロイがデッカードに語った自らの想い。
本当はもっと生きたかったのかもしれない。
けれど、それらを残すことで、
理不尽な死にも納得しようとしたのかもしれない。

同じテーマであるにもかかわらず、
さまざまなバージョンがあり、
そのたびに新しい発見ができる映画。
その奥深さも印象的な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.815 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.