瞳の奥の秘密  
2010.10.17.Sun / 14:44 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人生を虚しくする物。
空虚にしてしまう物。

突然の喪失。
できなかった告白。
忘れられない憎しみ。
後を引く後悔。
変わることが出来ない自分。
踏み出せない決断。

けれど、もし、
自分自身をすこしでも変える事ができたのならば、、、
そして、変えることが出来ない自分の事を、
受け入れたのならば、、、

そうして、人生の虚しさから抜け出そうとした男を描いた映画。


変えることができない自分を、
いくら隠そうとしても、
いくら忘れさろうとしても、
愛する人に向ける眼差しの、その瞳が、
雄弁に変わることができない自分を物語る。
そんな瞳を的確に捉えるカメラ。
秘密を抱えた瞳が印象的な映画。




変える事が出来ない自分。
好きな女性を忘れられず、思い続ける自分。
憎い相手に、長く虚しい人生を望む自分。
ひいきのサッカーチームに情熱を注ぐ自分。
馴染みのバーで友人に絡む自分。
変える事が出来たのならば、、、
忘れることが出来たのであれば、どんなにか楽であろう。
けれど変える事が出来ない自分が、
自身の人生を過去に留め、時間を止めてしまっている。
そして自身の人生に空虚を、もたらしている。


イレーネを忘れることが出来なかったエスポシト。
自身の人生に感じる空虚さを何とかしたかったのだろう。
しかし、方法が分からないでいる。

答えを求めて書き始めた小説。
そして追い求めた事件の顛末、モラレスの近況。

本当ならば、モラレスも忘れたいのだろう。
忘れることが出来るのならば、どんなにか楽に生きられることか。
だからこそ、他人には忘れることを勧める。
自分も忘れたいと願っている。
しかし、変われない自分が、ここにいるのだろう。


「恐い」
それは、エスポシトがベットで綴った言葉。
本当は、エスポシトは知っていたのだろう。
自身の人生の空しさを埋める方法を。
けれど、踏み出せないでいる。
身分が違う、相手には夫も子供もいる、、、
数々の障害が、エスポシトに「怖さ」を与えていたのだろう。
けれど、モラレスから学んだこと。
遂げられない想いを抱えた男の悲惨さ。
そして、どんなに時が経とうが変えられない想いがあること。
それらを無かったことにする方法など存在はしないのだ。
ならば、人生の空虚さを埋める方法の答えは一つしかない。
そして、自分にはまだ、
自分の想いを遂げる方法が残されているのだ。

「簡単じゃないわよ」
確かに簡単ではない。だから恐ろしかった。
けれど、そんな臆病な自分を変えることは、可能なのだ。

自身の空虚さを埋めるためとはいえ、
それは利己的な行為なのかもしれない。
多くの人に迷惑を掛ける決意でもある。
けれど、この映画で、あえてイレーネの家族を描いていないのは、
そして、イレーネも、また、エスポシトを愛していたのは、
人生の空虚さに飲み込まれる前に、
変える事が出来ない自身の想いに従え、ということであろう。
決して、不倫を推奨しているわけでもなく、
他人の妻を奪ってもよいといっているわけでもないのだろう。


変える事ができる自分自身を変えて、
変わることが出来ない自分を見つめて、
人生の虚しさから抜け出そうとした男を描いた映画。



* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.832 / タイトル は行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
殺人事件が衝撃的なので、そちらの印象の方が残り易いけど、
これはエスポシトのラブストーリーでしたね。

変えられない思いというものが、
瞳を通じてよく表わされていました。

事件とロマンスを上手く交錯させてドラマを見せていて、
なかなか面白かったです。

2011.04.04.Mon / 14:26 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from  -

YANさん、こんばんわ。

サスペンスっぽい映画ですが、
やはり、ラブストーリー、それも結構な純愛映画でしたね。
それを瞳に写すというのが、よかったと思います。

叶わぬ想いを抱えた人間の空しさ。
埋めることが出来ない空洞のような気持ち。
そんな心の闇の深遠を覗き込んだような映画でした。

それじゃ、また。

2011.04.05.Tue / 21:36 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
2009年アカデミー賞外国語映画賞作品。 これはなかなか見応えがあった。上手い作りです! タイトル通り、いろんな秘密を隠した瞳が印象的。 それにアッと驚くラストも! 監督:フアン・ホセ・カン...
2011.04.04.Mon .No428 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.