スペル  
2010.11.11.Thu / 22:03 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






恐怖と笑いの見事な融合。
けれど、ちょっと物足りない。
突き抜けた感じがしないからか?
ヒロインが薄幸に描かれすぎた為か?
怖いというよりは気持ち悪いシーンが多かった為か?
映画自身から感じられる不条理は、
この監督独特の持ち味かもしれない。
けれど、見ていて、それが中途半端に見えてしまったためか、、、
個人的には、ちょっと残念な映画。



家庭に問題を持ち、以前は肥満体質であった女性、クリスティン。
けれど、通勤途中であっても英語の発音を練習し、
彼の家庭に好まれるように昇進を目指す、頑張り屋の女性。

ライバルには負けたくはない。
ちょっとした心の隙に生じた過ち。
しかし、結果としてとんでもない呪いを呼び込んでしまう。
クリスティンとお婆さんのバトルが凄まじい。
ここまでやるか、の連続。
びっくりするやら、おかしいやら、キモイやら、、、
ただ不思議と怖くはなかったのは、気持ち悪さが先にたったからか。

呪いを掛けられたクリスティン。
昇進も危うくなり、彼の家族にも嫌われてしまう。
折角、お婆さんの融資延長を断ったのに、、、、
すべてが裏目にでてしまう。それが呪いということなのだろうか。

ただ、クリスティンの描き方が、とても微妙。
ハンデを克服する努力をする女性かと思えば、
自らを助けるために、飼い猫を殺してしまう。
融資延長を断るのも、自己的ではあるが、
お婆さんが怨んだのは、多くの人の前で恥をかかせたことであり、
家を無慈悲にも取り上げられたことは、
怨み辛みを言う台詞には挙がってはこない。
あんなに汚いお婆さんがスカートにしがみつくのを拒否してしまうのは、
致し方ないのかもしれない。
だから、どちらについて良いのかが判らない。

最後には逆襲にでる、クリスティン。
ただ、墓場を暴き、ボタンを死者に挙げるだけでは、
ちょっとクライマックスには欠けてしまう。
こんな調子で、もっと早くから対決すれば面白かったかもしれない。
お婆さんの霊を地下室で倒したようなシーンがもっと多ければ、
とも感じてしまう。

クリスティンをステレオタイプに描かなかったのは、
そして、奮闘虚しく、あのようなラストになってしまったのは、
なにも、クリスティンが特別な存在ではなく、
我々も大なり小なりに似たようなことをしているのであり、
それによって言われなき呪いを掛けられても致し方ない、
ということをいいたいのだろうか?

この監督が描く不条理からは、そんなことも感じてしまう。
けれど、もっとステレオタイプに描いてもよかったのでは、
とも思えてしまう。
ちょっと残念な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.837 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさんも、これご覧になったんですね~

>びっくりするやら、おかしいやら、キモイやら
そう、私はこの辺りがとっても気に入りました!
普通のホラーかと思っていたら、全然違って、
一見弱そうに見える女性と老婆の凄まじい闘いが
繰り広げられるでしょう?
笑ったなあ~(≧▽≦)ノ☆

>お婆さんの霊を地下室で倒した・・・
最初の駐車場でのシーンの事ですか?
あそこでもうお婆さんは亡くなっていて霊になっていたという説ですね。
心臓マヒでも起こして亡くなったのか、それもアリだと思います。

確かに、自分もどこかで人を傷付けたりして、
恨みを買うって事は日常でありそうですよね。

2010.11.15.Mon / 14:44 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんにちは。

相変わらずの遅レスですいません。

 なんだか、いろいろな物が中途半端に混じっていた様で、逆に私は乗れませんでした。残念。多分、YANさん同様、ホラーだと思ってみれば良かったのかも、、ちょっと前知識入れすぎたのかもしれません。

>お婆さんの霊を地下室で倒した・・・
 これは、確かクリスティンの家の地下室で、縄を切ってオモリを落としてクリスティンを舐めている霊(確か、おばあさん?)を倒したシーンです。よく考えれば頭上からオモリが落ちたくらいで霊は退散はしませんよね。
 ラストシーンの意外性は、今考えると単に私たちを驚かそうと思っただけだったのかもしれません。

 それじゃ、また
 

2010.11.20.Sat / 14:58 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
これは笑える~(≧▽≦)ノ☆ 遊び心が随所にあって、楽しめるホラーになってます。 監督:サム・ライミ 製作:2009年 アメリカ 出演:*アリソン・ローマン *ジャスティン・ロング *ローナ・レイ...
2010.11.15.Mon .No401 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.