ヤギと男と男と壁と  
2010.12.22.Wed / 20:00 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






何を言いたかった映画なのか、、、
微妙にオブラートに包まれているようで、
はっきりとは判らない。
けれど、私が一番感じたのは、夢が破れた男の悲哀。
どんな崇高な理想を掲げても、
ダークサイドの誘惑に打ち勝つのは難しい。
ダークサイドは組織や社会にも存在し、他人の中にも存在する。
そして自分の心の中にでさえも、、、
理想を掲げて世界を救おうとした男たち。
けれど、彼らはダークサイドに負けて、夢は破れてしまう。
そんな男たちの悲哀さが印象的な映画。



新人の兵士は、敵に発砲する際に故意に上に向けて銃を撃つ。
もしくは撃つまねをする。
それは、人殺しに慣れる前の人間にとっては当たり前の行為ではあるが、
軍隊では許されざる行為。
しかし、この行為こそが人類を救うという啓示を受けるビル・ジャンゴ。
さまよった挙句に彼が得た結論。
それは平和を守るための軍隊、愛と平和の精神を持った超能力部隊。
いい大人が真面目に修行する様は、笑いを誘う。

しかし、権力争いに負けて軍隊を追放される、ビル・ジャンゴ。
そして、悪用される超能力。

目の前にいる罪も無い、かわいそうな羊。
助けようとすれば助けることも出来たはずだ。
しかし、力を試してみたいという誘惑に負けて、
羊を殺してしまう、リン・キャシディ。

こうして、軍隊の、他人の、自分の心の中の、ダークサイドに負けていった男たち。
この映画はギャグ映画ではあるものの、
私としては心から笑うことは出来なかった。
笑いのツボが微妙に違うというのもあるかもしれない。
けれど、夢破れて落ちぶれていった男二人。
彼らの悲哀さが、この映画を完全なギャグ映画にしてはいないのではないか、
と思えてならない。

男たち二人の悲哀さが印象的な映画。
しかし、運命の出会いによって、
罪を背負った二人に償いができるチャンスが訪れる。
実験に使われようとする羊たちを逃がす、リンとビル。
罪は消えないかもしれないが、死んでいった羊は彼らを許すことだろう。

そして、彼らの意思を継ぐ者も現れる。
ユアン・マクレガーが演じているから、きっと彼も立派なジェダイなのだ。
彼もまた、多くのダークサイドに妨害はされるであろう。
けれど、彼は負けないだろう。
最後に壁を通り抜けられたように。

戦争という存在自身が持つ矛盾、
純粋に平和を求める者たちが排除されてしまう矛盾。
しかし、それ以上に、
男たちの悲哀さ、しかし、再生してゆく爽快感。
そんなことが印象的な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.844 / タイトル や行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
またお邪魔します。

この映画に悲哀を感じたとは、
さすが読みの深いヤンさんですね~

私にとっては、力の抜けた作品で、胡散臭さばかりを感じました。
崇高な理想を、あの超能力部隊で実現させようとするのも、
真剣味が感じられないし、
夢が破れても哀しそうには見えませんでした・・・(^^;

でも、ユアンが彼らの意思を継いだと、私も思いました。
まさかあそこで壁を通り抜けるとは。
この映画で唯一の超能力シーンでしたね。

2011.02.17.Thu / 17:34 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんにちは。

方法はバカっぽかったけれど、
やはり、彼らは結構真剣だった気がします。
だから、失敗した時の痛みも分かる気がしました。
確かに横から見ていると、その方法には矛盾だらけでしたが、、、

 ユアンにジェダイの話をするシーンは面白かったですね。
ユアンも、よくこの役を受けたものです。
しかも真面目に演じていましたね。

それじゃ、また。

2011.02.20.Sun / 16:22 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
ヤギを見つめて殺す?超能力部隊? マジか? アメリカ、どうかしてるぜっ! 監督:グラント・ヘスロヴ 製作:2009年 アメリカ 出演:*ジョージ・クルーニー *ユアン・マクレガー *ジェフ・...
2011.02.17.Thu .No423 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.