ソルト  
2010.12.23.Thu / 20:00 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






どんでん返しに継ぐどんでん返し。
そんなストーリーに最後まで目が離せなかった映画。
そして、アンジェリーナ・ジョリーの魅力満載な映画、
ではあるが、今までとは何かが違う。
今までの、美しい、強い、かっこいい、
という表現とは違う、今回のアンジェリーナ。
どちらかといえば、必死であり、けなげという言葉が良く似合う。
そんな新しいアンジェリーナの魅力も詰まった映画。


二重スパイの容疑を着せられた、イブリン・ソルト。
仲間からも追われ、愛する夫も誘拐されてしまう。
この状況から、どのようにして、自身の潔白を晴らすのか、、、
それを期待して見ていたが、思わぬ展開に、、、
クモの描写もあって、その後の展開も予想はできたものの、
思わぬ裏切り者も登場し、ラストは緊迫の連続。
ソルトが仲間を裏切った理由。
それは、自分の全てを受け入れて愛してくれた夫の為。
そして、彼らが彼女の全てを奪ったため。

何気ない朝食での会話。
そして、回想で描かれる二人の馴れ初め。
アンジェリーナが夫を見つめる眼差しが、本当に幸せそうに写る。
今までの作品では見られなかった姿ではなかっただろうか?

だからこそ、ソルトの裏切りには説得力がある。
そして、夫を助ける為の体を張った逃避行の必死さ。
目の前で夫を殺されても、無表情を装わなければならない悲しみ。
そんな想いがラストの緊迫感と迫力に繋がってゆく。
そんな新しいアンジェリーナの魅力も詰まった映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.845 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

本当にアンジーの魅力満載でした。
彼女あっての作品と言えるでしょうね。

ソルトにとって夫は自分の全てだったんですね。
2人のシーンがすごく意味あり気に出てくるので
(本当に意味があったわけですが)
最初のうちは、夫が怪しい人物だと疑ってましたよ(^^;

目の前で夫を殺された時の、悲しみ・衝撃が
無表情の中にしっかり表現されてましたね。
あのアンジーには演技派を感じました。

2011.02.15.Tue / 18:07 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

まさに、アンジーの為の映画でしたね。

 夫が怪しい、というのは思いもしませんでした。YANさん、なかなか鋭いかも。そういう展開も面白そうですね。

 今までは力押しで魅せていたアンジーが、結構、演技的にも感じさせてくれるものを持っていたのは、ちょっと驚きでした。彼女の他の作品も酔うチェックかも、ですね。

それじゃ、また。

2011.02.16.Wed / 23:10 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
この女、相当できるな。 次から次へとたたみかけるアクションに目が釘付け! と言いながら、途中ちょっと寝ました・・・(^^; 監督:フィリップ・ノイス 製作:2010年 アメリカ 出演:*アン...
2011.02.15.Tue .No422 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.