2011.01.15.Sat / 11:58 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






豪華な俳優人ばかりなのに奇人しか登場しない。
話の顛末が気にはなるが、緊張感はない。
込み入ったストーリーなのに、意外と分かり易い。
そして、中身があまり無い。
とても不思議な映画。

そして、
自分の欲望を満たすことだけを考える、自意識過剰過ぎる人々。
しかし、彼らが考える以上に、彼らは周りが見えてはいない。
そんな人々の顛末を描いた映画。




オズボーン・コックスは、CIAを首になった男。
彼自身、自分は優れた捜査官だと思っていたのかもしれない。
けれど、アルコールに溺れ、
漏れても大丈夫なくらいの機密にしか触れなかった男。
首になった時のおおげさなセリフ。
妻の浮気にも気づいてはいない事実。
しかし、自分の暴露本が世間を震撼させると、勘違いしている男。
ハリーは女好きな財務省連邦保安官。
妻に浮気がばれているとは知らず、
しかし、CIAに尾行されていると勘違いしている男。

コックスの妻であるケイティは、
離婚の準備を着々と進めている。
しかし、ハリーに裏切られているとは、予想だにしない。

フィットネスセンターで働くリンダ。
全身整形をしなければ自分の未来は無い。
そして目の前にあるCDには、金になる貴重な情報がある。
密かに自分に想いを抱いている男の存在も、
CDの情報が、まったくの無価値であることにも思いが至らない。

欲望が強ければ、人は簡単に現実を見誤る。
そして、とても極端なことを妄想する。
それは、欲望が叶い幸せが訪れること。
それは、今の自分がとてもビックであるということ。
それは、自分がCIAに監視されているということ。
それは、自分が国際謀略に巻き込まれてしまったということ。
そんな妄想によって、暴走し、暴走した結果、
男たちは、命を失い、
女たちは、目的を達してしまう。
とても不思議な映画。

チャドを演じたブラッド・ピットの怪演。
最後のいたずらを誤魔化そうとするかのような笑顔がもの悲しい。
唯一、他人の為に行動し、
結果として命を落としてしまうテッドの悲哀。
この二人が居なければ、
誰にも、どの行為にも共感できそうにない、
ヘンテコ映画になってしまったかもしれない。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.853 / タイトル は行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

ほんと中身があまり無かったですよね(≧▽≦)ノ
出てくる人は皆 欲望が強いために、
暴走がひどくてムチャクチャになってました。
それなのに、なぜか女達だけが目的を達成するとは(≧ε≦)

特に意味が無さそうなので、観て笑って、それでお終いって感じですね。
観ている間はそれなりに楽しめました。

2011.01.15.Sat / 18:02 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

そうですね、観て笑って、お終いで、「なにか学んだか?」「分かりません」って感じでしょうか?
 それでも、私にとってはブラビの怪演が無ければ笑いさえなかった映画だったかもしれません。ブラビの最後の笑顔が、とても印象的。

 それじゃ、また。

2011.01.16.Sun / 17:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
コーエン兄弟が得意とする、 タイミングのズレや勘違いで雪だるま式に転落していくコメディ。 豪華スターたちが、ハチャメチャになっております。 これ、コーエン兄弟が「ノーカントリー」で富と名誉を手...
2011.01.15.Sat .No414 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.