グリーン・ゾーン  
2011.02.03.Thu / 16:30 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






アメリカに敵対する政権の粛清。
その為に捏造された、大量破壊兵器保有の情報。
捏造された情報の為に、流された多くの血。
アメリカという国の正義を信じて裏切られた兵士たち。

この国の未来の為には、なにが必要で何が正しいのか?
偽の情報が捏造されていたことを、証言させようとした准尉。
しかし、それさえも実は余計な行い。
自分たちの国の未来は、そこに住む自分たちが決める。
真っ向からアメリカという国の外交を批判した映画。

そして、よく、このような映画が公開できたか、と、
とても不思議に感じる映画。




大量破壊兵器を追い求めてイラクを駆け巡るミラー准尉。
しかし、兵器は見つからない。
なにか、裏がある。
そしてたどり着く真実。

大量破壊兵器に関する情報は、
誰かがミスをした結果、誤ってしまった情報、などではない。
それは、真実を捻じ曲げた、捏造された情報。
フセイン政権打倒を正当化するための、でっちあげ、だったのだ。
アメリカに正義があると信じて命を掛けた兵士たち。
彼らは、国に裏切られ、騙されて、
罪の無い多くの人々を殺してしまったのだ。
ミラーはきっと、兵士の一人として、
自分が関わった戦争の真実を確かめたかったのだろう。


戦後の復興には、現イラク軍の維持が不可欠だ。
そう判断した、CIAのマーティン・ブラウン。

イラク軍を残すのか、解体すべきなのか?
この国の未来の為には、なにが必要で何が正しいのか?
ミラーは、少なくとも、CIA同様、
イラク軍を残すことが最良の判断と考えたのだろう。
そして、真実を明らかにすることが正しいと考えたのだろう。
しかし、それさえも実は余計な行為。
自分たちの国の未来は、そこに住む自分たちが決める。
自らが誤って犯してしまった行為の修正さえ、余計な行為なのだ。
それがたとえ、間違った行為の末にもたらされた混乱の中でさえ、
そして、その混乱が長引いたとしても、
自分たちが決めたい、決めなければいけないことなのだろう。
フレディの最後の悲痛な叫びが胸に響く映画。

アクションシーンはとても素晴らしいが、
ストーリーとして、すでに皆が知っている、
大量破壊兵器はウソだった、という点を中心に持ってきたのは、
何をいまさら、という感じがしてしまい残念。
ただ、アメリカが自らの国益(権利者たちの私利私欲?)の為に、
故意に情報を操作したというストーリー、及び、
アメリカ自身の外交姿勢を真っ向から批判している点で、
よく、公開ができたと感じた映画。

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.859 / タイトル か行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
アメリカを批判した映画でも作ってしまうのは、
いかにも表現の自由を重んじる国だなあって感じます。

私もアクション映画としては、
ボーン・シリーズのように面白かったけど、
大量破壊兵器の事については、白けちゃって
どうもしっくりきませんでした。

しかし、グリーンゾーンなるアメリカの大きさを象徴するものが
バクダッドの中にあるとは、びっくりしましたね。

2011.02.04.Fri / 15:12 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

 本当によく、公開できたって映画ですね。
 大量破壊兵器は存在しない、ってのは確かに事実として報道されたけれど、その真相が、アメリカがフセイン政権を打倒するためのでっち上げ、ってのは、皆が薄々分かってはいたけれど、正面きって描いてしまうのは、すごいと思いました。確かにサスペンス的には興味引きませんが、、、

 そうそう、グリーン・ゾーンもアメリカ批判の一部なんでしょうね、きっと。

 それじゃ、また。

2011.02.06.Sun / 18:27 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
息つく暇もないエキサイティングな展開! マット・デイモンは正義感のある軍人役がとても似合ってカッコイイ! でも、大量破壊兵器という題材がいまいちピンと来ない・・・ 監督:ポール・グリーングラ...
2011.02.04.Fri .No421 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△
マット・デイモン×ポール・グリーングラスという『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』の主演×監督コンビがタッグを組んだ問題作『グリーン・ゾーン』。 イラク戦争勃発のきっかけとなる「大量破壊兵器」の所在をめぐる陰謀を、リアルな映像で描き出...
2011.03.16.Wed .No426 / Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.