キッズ・オールライト  
2011.08.18.Thu / 14:57 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人は完璧ではない。
だから誤った道が時に魅力的に見えてしまう。

守ろうとする者と壊そうとする者。
壊そうとする者は時に魅力的に見える。
そして、その理屈は正しいようにも感じられる。
けれど子供たちが最後に選んだのは守ろうとする者。

家族を欲した男性と家族を守ってきた女性。
どちらも、家族を大切にしたいと思っている。
しかし、経てきた年月の重さと愛情の深さが、
二人に対照的な結末をもたらす。
どちらが正しいとか、正しくないとか、
そんな問題ではないのだろう。

特殊な環境ではあるが、
普遍的な家族の愛情を描いたように感じられた映画。




ニックとジュールスはレズのカップル。
けれど、二人の子供を持つ、立派な家族。
そんな特殊な環境であるにも関わらず、
二人の子供たちは素直に育ったように見える。
それが自然に感じられるほどに、
この家族は、そこそこに、
うまくいっているように見える。

本当の父親を知りたい。
それは子供たちの、ちょっとした好奇心。
しかし、それが思わぬ波紋を呼んでしまう。

父親であるポールが教えてくれる新しい世界は、とても魅力的だ。
制約はない、干渉もない。自分という存在を認めてもらえる。
今まで経験したことのない経験と自由に魅せられてゆく。

魅せられたのは子供たちだけではない。
今までニックに否定され続けてきたと感じていたジュールスは、
ポールに魅かれてゆく。


それまでは家族というものを知らなかったポール。
彼女たちとの交流を経て、家族を欲しいと願うが、
しかし、家族を壊そうとした、その行為によって、
その願いは拒否されてしまう。

確かにポールの発言は子供たちにとっては魅力的だった。
そして、自立を始めた子供たちにとっても、
干渉を減らしてゆく事は、子供たちの成長にも良い事のように見える。
けれど、最後には実の親を選択した子供たち。

実の親たちは欠点を沢山持った存在だ。
そして、子供たちにとっては、とてもウザい存在でもある。
けれど、そこには無償の愛情が存在する。
何十年もの間、子供たちを育て、子供たちの為に働き、
家族を守ってきたのだ。

ポールもポールなりの方法で子供たちを愛したのかもしれない。
でも、それはどちらかと言えば家族というよりは友人に近いものだし、
父親というよりは、先輩か兄貴のような接し方だったように感じた。
そして、子供の信頼を裏切ると分かっていたのか、分かっていなかったのか、、、
ジュールスと肉体関係を持ってしまったのは、
やはり家族というものを理解できていなかった為なのだろう。

人は完璧ではない。
だから誤った道が時に魅力的に見えてしまう。
それでも経てきた年月の重さと愛情の深さが、
お互いを許しあえる関係になれるのだろう。
けれど、それを持たない者同士では、
過ちを許せる関係になるのは難しいのだろう。

特殊な環境ではあるが、
普遍的な家族の愛情を描いたように感じられた映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.908 / タイトル か行 /  comments(2)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

表現は違うけど、感想としてはヤンさんとほとんど同じで、
うんうんと頷きながら読ませてもらいました。

ポールは壊そうと意図していたわけじゃないんですが、
あの家族に父親として入り込めば、ニックを排除し
結果的に家族は崩壊するんですよね。
そこまで考えが及ばなかった所や、
ジュールスと関係を持ってしまった所が、
短絡的でしたね・・・いい人だったんだけど、残念でした。

親が欠点をたくさん持っていても、
無償の愛情で家族を守ってきた事は、
子供達にしっかりと伝わっているようで、
ステキな家族でしたね。

2011.12.14.Wed / 14:55 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

ポールは魅力的な男性でしたが、
家族を持った経験の差が、
最後には対照的な結果をもたらしましたね。
家族よりは自分の欲求にしたがってしまったところも
確かに短絡的でした。

お互いがお互いを思いやることができる関係。
最後には、そのことに気づいた彼らが、
確かにとても素敵に見えました。

また、主演の3人がとてもよかったと思います。
最近は、ハズレ作品が多かったように思えた
ジュリアン・ムーアも、この作品ではとても良かったと思いました。

それじゃ、また。

2011.12.15.Thu / 22:59 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
家族に起きた騒動をコミカルに描き、 改めて家族の絆を再確認するファミリー・ドラマ。 ジュリアン・ムーアが、また異色の役柄で頑張っています☆ アカデミー賞 4部門ノミネート。 ゴールデン・グローブ...
2011.12.14.Wed .No473 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.