2011.11.10.Thu / 22:40 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






警察に囚われてしまったリスベット。
彼女を助ける為に奔走する人々。
しかし立ち塞がる悪党たち。

命を掛けて真実を報道すべきなのか。
回りの大切な人々の安全を優先すべきなのか。

最後には逆転無罪を勝ち取るリスベットたち。
すっきりとした大団円。
けれど、なんだかすっきりしない三部作完結映画。



ザラとの死闘で瀕死の重傷を負ったリスベット。
しかも、裁判を受けるしかない状況。
裁判を受ければ、このままでは、
真相が暴かれないどころか、
自身が闇に葬られてしまう。
彼女を助けようとする人々。
ミカエルはもちろんのこと、
身重のミカエルの妹、
ミレニアムの記者たち、
凄腕のハッカー、
そして、リスベットの元上司。

個人的には、リスベットが入院していた病院の医者が良かった。
警察や決まりごとなどよりは、
まずは、患者を最優先させる心構え。
それは患者が犯罪人であろうがなかろうが関係なしに。
悪党である精神鑑定医を退けるところなどは、
安心、かつ、胸のすく想い。

ザラをも始末した組織。
しかし、いまいち、その大きさが分からない。
けれども、秘密を守るためにはなりふり構わない行動に出る。

この映画の題名は、ミレニアム。
それは、映画に登場する雑誌の名前。
命を掛けて真実を報道すべきなのか。
回りの大切な人々の安全を優先すべきなのか。
その辺りが、この映画のテーマになるのかと思いきや、
ミカエルのスタンドプレーで雑誌は発行されてしまう。
それを身勝手だと罵るアニカ編集長。
この決着の付け方は、ちょっと残念。

途中から味方に加わる公安警察。
彼らが強力すぎて映画から緊張感が薄れてしまったのも残念。
ところで、ハッキングして得られた証拠で
医師のパソコンが押収されてしまったが、
それは法的にありえるのでしょうか?


最後には逆転無罪を勝ち取るリスベットたち。
それでも素直に、ありがとうを言えない、リスベット。
卑劣な悪党には勝ったものの、彼女の傷は、まだ癒えないのだろう。
だからミカエルとの関係も、進展なし。
すっきりとした大団円。
けれど、なんだかすっきりしない三部作完結映画。
作者が生きていればきっと第四部もかかれたではあろうが、、、
それも残念な映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.933 / タイトル ま行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

この映画のタイトルは雑誌の名前ですが、
シリーズ全体を通してキャラが魅力的なリスベットが
中心となるストーリーでしたね。
見終わって半年経った今では、リスベットの事しか記憶にないし・・・(^^;
彼女に、助けてくれる仲間がいた事が嬉しかったです~

ハッキング自体が犯罪だから、そこから医師のPCを押収・・って、
ちゃんとした証拠になるとは思えないけど・・・?(≧ε≦)

これ、1作目がしっかりとしたミステリーだったので
シリーズ全体を観ようと言う気になりました。
やっぱり1作目が良かったなと思います。

2011.11.11.Fri / 16:31 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

リスベットは、とても魅力的なキャラなのに、
回を追うごとに魅力的な活躍が少なくなってしまいました。

髪型からファッション、そして彼女の様々な特技。
確かに彼女の印象が強烈なシリーズでした。
だからなあ、
ちょっと残念でした。
というわけで、私も一作目が好きです。

それじゃ、また。


2011.11.11.Fri / 23:42 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
しばらくブログから離れていましたが、今日から再スタート。 自粛という事でも無かったんですが、 気持ちがどうも映画とブログに向かっていかなくて放置してました(^^; でも、徐々に平常心を取り戻しつ...
2011.11.11.Fri .No465 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△
「リスベット 活躍編」、「リスベット 死闘編」に続く「ミレニアム」シリーズ第三弾『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』。 本作はさしずめ「リスベット お姫様編」といった趣です。 実の父親から、スウェーデン公安警察から、少女時代の主治医から、後見人から、虐?...
2011.12.13.Tue .No472 / Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.