パレード   
2011.12.22.Thu / 19:34 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






居心地のよい空間。
それは、うわべだけの付き合いだから。
相手のことを深くは知ろうとはしない。
だから秘密を抱えて生活することもできた。
、、と思っていた。


居心地のよい理由。
皆が全員、お互いの秘密を知っている。
けれど知らないふりをしてくれている。
だから干渉もしない。説教もない。
それは、単に自分にもして欲しくはないから。
そして、知っているということすら、隠してくれている。



自分を囲んでいた世界が、
少しは人間味が残っていると勘違いしていた。
表面的な付き合いとはいえ、お互いが、
少しは思いやりを持っていると勘違いしていた。
しかし、世界は自分が考えていた以上に大きくて冷たい。
ここにいる限り、好むと好まざるとにかかわらず、
そんな生き方をしなければならない。
それは暗黙のルールとして。

自分がいる世界がそんなであったことを知ってしまった男。
その世界の恐ろしさ、男の絶望の深さが印象に残る映画。







先輩の彼女に惚れてしまった大学生、良介。
同郷の恋人が有名俳優である、無職と思しき琴美。
イラストレーター志望で酒癖の悪い未来。
毎日のジョギングを欠かさない健康志向な直樹。

同じ部屋で同居している四人。
そして、それぞれが秘密を抱えている。
三人の前では無関心なふりを装い、
しかし三人が居ない所で、友人の死に涙を流す、良介。

思わぬ妊娠と堕胎。
そして自分の恋愛には未来が無いと理解した琴美。

母親が父親に虐待されたトラウマを持つ未来は、
自分の臆病さを振り払う為、深夜にレイプのビデオを見ている。

そして、仕事のストレスの為なのか、、、
皆が自分にばかり頼ってくる事が原因なのか、、、、
夜な夜な一人歩きの女性を襲っている直樹。


直樹は理解していなかったかもしれない。しかし、
共に生活していれば、それら秘密を隠し続けることは不可能だ。
だからお互いに薄々は感づいてしまう。理解してしまう。
けれど、知っていても知らないふりを続ける。
知られていても、知られていないふりを続ける。
その方が自分の居心地が良いから。
そして、誰もがここを抜け出す事を口に出す、
けれど抜け出す気など、さらさらにない。
その方が自分の心の居心地が良いから。

変化を求めて世界と戦ってきた直樹。
最初は彼の仕事の事かと思っていた。
けれど、彼が戦ってきた世界とは、このアパートの一室なのだろう。
深くは干渉はしない。けれど相談されれば親身になって対応する。
それは、とても疲れる役割、しかし年長者に課せられた使命。
しかし、それは錯覚。

相手からの秘密の相談事も、
知られたくはなかった歪んだ自分の隠し事も、
すでに皆が知っている。
そして自分に強制してくる、この部屋でのルールを守れよ、と。

最後に泣き崩れる直樹。
それは、
自分が自身のプライドの為に、この秘密だけは知られたくはなかったのに、
その秘密はすでに知られていたと分かったから。
少しは思いやりをお互いが持っていると思ったのに、
実は、皆はとても利己的で自分の事しか考えていないことが分かったから。
そして、ここに居る限り、永久に自分は更生しないことがわかったから。

自分がいる世界が自分が考えていた以上に大きくて冷たいことを知ってしまった男。
その世界の恐ろしさ、男の絶望の深さが印象に残る映画。


* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.948 / タイトル は行 /  comments(4)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!

最近、ヤンさんがご覧になっている作品の
半分近くは邦画のような気がしますが・・?どうでしょう。
何気ない日常の中で、自分の内面を見つめるような感じのものが、
邦画には多くありますね。

海外出張が多いせいか、更新は飛び飛びでも、
一度に2本ずつUPされるから、最終的には
一年通してだと、けっこう記事数が多いですよね。
素晴らしい作品との出会いがありましたか?

今年も映画の話にお付き合い下さって、ありがとうございました!
良いお年をお迎え下さいね!

2011.12.29.Thu / 17:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

そういわれてみれば、最近は邦画が多いですね。
どうしてでしょう、不思議です。
字幕を追いかけるのが疲れたから、、、
なんて事はありませんが。

今年はちょっと不作の一年だったかもしれません。
忙しくて思うように劇場に足を運べなかったというのもありますが、
不精にも情報収集を怠っていたのかもしれません。
来年は、もう少し時間を割きたいですが、、、

今年も、どうもありがとうございました。
こちらこそ、お付き合いありがとうございます。
また、素晴らしい映画を教えてください。
それでは、よいお年を。

2011.12.31.Sat / 18:30 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from YAN -

年が明けました。
ヤンさん、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年の映画は、私にとっても
「これがすごく良かった!」と思う強い印象のものは
少なかったですね・・・
だからベストも10本は選べませんでした。

ヤンさんは好きな作品を2~3挙げるとしたら
どれですか?
真剣に悩まずテキトーでいいですけど(^▽^;)

2012.01.05.Thu / 15:31 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

私も同じ感じです。
「これだ!」っていう強い印象の物は少なかったです。
残念。

まあ、そうですね、2,3挙げるとすると、
・リトル・ランボーズ
・書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-
 とてもストレートな映画で好みが別れるかも知れませんが、、
・半分の月がのぼる空
・木洩れ日の家で
・英国王のスピーチ

かな、、
明日には変わってるかも知れませんが、、、、

巷で噂のブラックスワンですが、なんかちょっと、
パスしてしまいました。これも見てみたらいいかも、、、、、
昨年はそんな作品が多かった気がします。

それじゃ、また、

2012.01.05.Thu / 18:53 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.