ビルと動物園  
2012.01.16.Mon / 22:25 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






共に自分の人生に歩みだせないでいる青年と女性。
忙しさや不倫が理由かもしれない。
けれど、本当は自身が自分の人生を明確に描いてはいないから。

そんな男女が大都会で巡り会う。
その出会い自身は幼くて、とても恋愛などとは呼べないかもしれない。
しかし、そんな出会いが、乾いた彼らの人生を豊かなものにし、
その出会いをきっかけに彼らは自身の人生を歩み始める。
そんな出会いが、とても素敵に見える。

幼くて純粋な恋愛よりは、
彼らの出会いと交流の素敵さが印象に残った映画。





不倫の果てに堕胎した女性、香子。
その不倫には自身の未来はない。
けれど、相手との関係に、すがって生きているように見える女性。

アルバイトに忙殺されて大学生活の意義を見失っている慎。
苦学生だから、仕方がないのかもしれない。
けれど、なぜ音大に通っているのか。それを見失っている学生。

二人は、とても疲れている。
今の生活の忙しさに。
将来が見えない不安な状況に。
特に香子は虚無感に襲われているように見える。
そんな二人が、ふとしたきっかけで出会う。
慎の先輩の計らいでデートにまでこぎつける慎。
それは、とても純粋で恋愛と呼ぶには幼すぎる関係。
けれど、二人の交流がお互いを癒してゆく。

不倫相手が自分と同時に妻にも子供を作っていたことを知った事。
相手の父親から恋人の代役にも役不足だといわれた事。

それらがきっかけだったのかもしれない。
しかし、純粋な関係、純粋な相手との交流が
自らの人生に誠実に生きたいとお互いに思わせたのだろう。

香子は不倫相手と別れ、転職して人生を再出発する。
慎は教員になるために教育実習を受ける。
その先には、まだまだ試練や問題は沢山あるだろう。
けれど、彼らは乗り越えてゆけるだろう。




坂井真紀さんの表情がとてもいい。
料理をする父親の背中を見て泣く姿。
父親に、「がんばらんか」と言われた時の複雑な表情。
その時の香子の精神状態では、それは、きつい言葉だったかもしれない。
そして父親とは永遠に分かり合えないことも理解しただろう。
けれど、不器用ではあるが父親の娘を大切に想う気持ちは、
理解できたのだろう。
そんな複雑な表情がとても素晴らしい。


都会の生活で道に迷い、次の一歩を踏み出せないでいた彼ら。
しかし、お互いとの出会いにより、
乾いた彼らの人生が豊かなものになり、
次の一歩を踏み出すことができた。
そんな奇跡的な出会い。
それがとても素敵に見える。
そんな彼らの出会いと交流の素敵さが印象に残った映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.953 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.