灼熱の魂  
2012.04.05.Thu / 20:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






母が過去に犯してしまった過ち。
それは今もこの地でくすぶっている。

自らが説明すれば、話は簡単だったかもしれない。
あるいは、姉弟にとっては、
知る必要はなかったことなのかもしれない。

しかし母は息子と娘に自分達自身で真実を追い求める事を選択した。
それは彼女にとっては苦渋の選択だった事だろう。

しかし、その選択は多くの魂を救う事に繋がる。
息子と娘の魂。自身の魂。そして兄の魂までをも。

憎しみによる負の連鎖。
それを断ち切る為には忍耐と努力、すべてを知る勇気が必要だ。
そんなことを言いたかった映画かもしれない。
しかし、それ以上にこの映画で心に響いたのは母の選択。

息子達への強い愛情。
母のおぞましい過去の全てを知ってしまう事になろうとも、
それは構わない。
きっと彼らは乗り越えてくれるだろう。
そんな愛情、勇気と信頼。
母親が息子達に注ぐ愛情が心に響く映画。





母親からの奇妙な遺言を受け取った双子の姉弟、ジャンヌとシモン。
そして、遺言に従って、
存在すら知らなかった父と兄を捜す旅に出るジャンヌ。
しかし、その旅の途中で知ることになる母親の壮絶な過去。
内紛で平和だった街は焼かれた。
宗教という本来は人を助ける為の教えで、
愛していた人、そして、その人との息子を失ってしまった。
復讐に駆られた母親の魂。しかし、
その引き金を引いた事により、さらなる悲劇を生んでしまう。

母親が、その悲劇を本当の意味で知ったのは、
彼らが同一人物であった事を知った時。
復讐と憎しみからでは悲劇しか生まれない、
それを強く思い知ったのだろう。


果たして自分は何をすべきなのか?
きっと母親は思い悩んだことだろう。
そしてたどり着いた結論。
それは、すべてを子供たちに伝えるということ。

きっと子供たちは全てを理解し、
受け入れ難い事実を乗り越え、姉弟の絆を深めてくれるだろう。
そして、母親の愚かしい行為から多くを学び、
その後の自分たちの人生を実りあるものにすることだろう。
そう、母親は子供たちの強さを信じたのだろう。

そして、長兄へ。
私は、人として、あなたの罪を許すことはない。
だから、自らが、その罪を背負い償うために生きてゆきなさい。
けれど、あなたは一人ではない。母として私はあなたを愛しているから。
だから、これからの人生を強く正しく生きなさい、私の愛と共に。
最後に母親の墓にたたずむ兄。
きっと兄は、母親からのメッセージを理解したことだろう。

母親が息子達に注ぐ愛情が心に響く映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.978 / タイトル さ行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こちらにも。
そうなんですよね~、母の選択・愛情は、心に響きました。
子供達には知らせる必要は無かったかもしれないけど、
自分に大きな愛情があって、子供達を信頼できたから、
あえて真実を知ってもらうという勇気ある選択をしたんでしょうね。
子供達は理解したように見えました。

それにしても、真実のあまりの衝撃の大きさに、
言葉も出ませんでした。

2012.09.29.Sat / 17:20 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんばんわ。

母親の息子たちへの信頼は、
息子たち自身の人生を救い、
それが、死んでいった母親自身の魂を
救ったということなのでしょうね。

怒りや哀しみに捕らわれて復讐することは簡単。
けれど、その連鎖を断ち切ることが難しい。
母親の強い信頼と苦渋の決断が心に響きました。

それにしても凄まじい生き様でしたね。
このどんでん返し(?)は、
並みのミステリー映画以上の衝撃でした。

それじゃ、また。

2012.09.29.Sat / 18:36 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
主人公の女性・ナワルのあまりに壮絶な人生に、思わず「こんなのんきな人生を送っていてごめんなさい」とあやまりたくなってしまうような衝撃作『灼熱の魂』。 戦争やテロが、いかに過酷な運命を作り出すか、この作品が私に教えてくれました。 平和な世界でのんきに...
2012.04.29.Sun .No497 / Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> / PAGE TOP△
久々に、身も凍るような衝撃には息を呑んだ・・・(゚Д゚) 観る者をグイグイ引き付けて離さない! 2010年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート INCENDIES 監督・脚本:ドゥニ...
2012.09.29.Sat .No535 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.