息もできない  
2012.05.17.Thu / 10:11 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人を愛する術を知らない男。
それは他人に愛してもらった経験が無かったから。
だから、どう振舞っていいのかが解らない。

しかし、人を愛したい、愛されたい。
知らず知らずの内にそんな想いで心が渇望し、
けれど、その想いを満たす術すら分からない。

解らないままに、愛を求めて突っ走った男の魂。
そんな男の魂の叫び。
その鬼気迫る迫力と哀しさに圧倒される映画。




暴力を生業としている男、サンフン。
根っからの暴力好きな男に見えて、しかし、
本当は愛に飢えている男。
甥っ子を可愛がりたい。妹が大切だ。
けれど、どう接していいのかわからない。
親しき者たちは、彼女たちと父親だけ。
だから、きっと寂しさを感じてはいるのだろう。
けれど、どうしていいのかわからない。
だから、父親に辛くあたる。
俺がこんなになったのはお前のせいだと。
けれど、それはサンフンの父親に対する甘えなのだろう。


高校生で一家の切り盛りをしている女の子、ヨニ。
誰かに頼りたい。けれど、頼れる母は死んでしまった。
父と弟は、当てにはならない。
だから誰にも頼れない。自分で生き抜くしか術がない。


そんな二人の奇妙な出会い。
二人ともに素直じゃない、意地っ張りな生き方をしている。
だから、お互いを罵り合いながらも、魅かれていったのだろう。

漢江のほとりで二人が声を出さず泣くシーンが秀逸。
父親に死なれかけたサンフン。父親に殺されかけたヨニ。
上手な甘え方を知らない。上手な頼り方がわからない。
感情を爆発させ直接相手にぶつけたら、
この唯一自分を地上に繋ぎ止めてくれている関係が壊れてしまうかもしれない。
そんな繊細な恐れ。
誰かに傍にいて欲しい。
だから声を出す訳にはいかないのだろう。


サンフンと同じ職業についた、ヨニの弟のヨンジュ。
この姉弟は、お互いを罵り合っていても、実は心の奥ではお互いを心配している。
だからお金を稼ぎたい弟。大金を持ってきた弟を心配する姉。

きっと、サンフンはヨンジュが、この家業には向いていないことを悟っていたのだろう。
だから強くあたる。止めさせようと。
けれど、その想いは逆に働いてしまった。そして、大きな悲劇を生んでしまった。
殺人を犯すことで最後には、悪の道にどっぷりとつかってしまったヨンジュ。
そして、サンフンは帰らぬ人となる。


荒削りなストーリーのように見えて、魅せ方がとても上手な映画。
特にラストで、サンフンの死後直後と、
その後のマンシクの焼肉屋の開店を交互に見せたのは、すばらしい。
一見すると、焼肉屋の開店に集う人々はとても幸せそう。
けれど、何かが足りない、何かが満たされていない。
それが画面からよく伝わってくる。
悲しみに声を出さずじっと耐えるヨニが、とても印象的。


とても不器用に生きて散っていったサンフン。
それでも、彼は幸せだったのかもしれない。
なぜなら、彼の優しさを理解する人々に囲まれていたのだから。


愛する術を解らないままに、愛を求めて突っ走った男の魂。
そんな男の魂の叫び。
その鬼気迫る迫力と哀しさに圧倒された映画。
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.990 / タイトル あ行 /  comments(2)  /  trackbacks(2) /  PAGE TOP△ 拍手する
COMMENT TO THIS ENTRY
- from YAN -

ヤンさん、こんにちは!
ヤンさんもこの映画に圧倒され心を揺さぶられたようですね。

意地っ張りで不器用な生き方しか出来ない2人が
悲しくて、どこか愛おしかったです。

やっぱり、漢江のほとりで声を出さずに泣くシーンが、
一番心に残っています!
こういう演出って見た事ないですよね。
息もできないくらいの痛みが伝わってきて、
涙が溢れてきました。

2012.05.18.Fri / 18:25 / [ EDIT ] / PAGE TOP△
- from ヤン -

YANさん、こんにちは。

そうそう、あのシーンにはやられました。
お互いが本音を語ることもできす、
その方法さえも分からない。
けれど、お互いを理解しあっている。
声を立てずに泣きあう二人がとても切なかったです。
確かに見たことない演出でしたが、
彼らの痛みと寂しさがひしひしと伝わってきましたね。

それじゃ、また。

2012.05.20.Sun / 18:22 / [ EDIT ] / PAGE TOP△

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
もっと吐き出していいのに~! そんなに押し殺さなくても。 ヒリヒリする痛みが突き刺さってくる、 すっごくリアル感のある映画です! 監督:ヤン・イクチュン 製作:2008年 韓国 脚本:ヤン・...
2012.05.18.Fri .No508 / RockingChairで映画鑑賞 / PAGE TOP△
人を愛する術を知らない男。それは他人に愛してもらった経験が無かったから。だから、どう振舞っていいのかが解らない。しかし、人を愛したい、愛されたい。知らず知らずの内にそんな想いで心が渇望し、けれど、その想いを満たす術すら分からない。解らないままに、愛を求...
2012.05.20.Sun .No510 / まとめwoネタ速neo / PAGE TOP△

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.