タイトル あ行 の記事一覧
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
  ある天文学者の恋文  
2017.01.19.Thu / 11:27 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人生に起きる、とてもつらい出来事。
避けては通れない悲劇。
そして、それを克服するには、
愛情ある手助けと、
長い時間が必要なのだろう。

ある女性を心から愛した天文学者。
死別の痛みを癒すため、
過去のトラウマを乗り越えるため、
時間と愛情とを彼女の為に用意する。
彼女の事を深く愛し、理解できなければ、
できなかったことなのだろう。

最後には立ち直ることができた女性。
静かで不思議な余韻を感じさせる映画。



著名な天文学者エド。
その教え子であるエイミー。
恋人同士であった二人。
しかし、エドは還らぬ人となってしまう。
それでも、エドからエイミーに届く手紙の数々。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1456 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  アデライン、100年目の恋  
2017.01.12.Thu / 20:18 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






雷に撃たれて老化が止まってしまった女性。
それは誰もが望むような幸運。
しかし、彼女にとっては大いなる悲劇。

愛する者たちが自分よりも早く死んでしまう。
自身を守るため他人とは時を共に過ごせない。
そして愛する人にさえ打ち明けることができない秘密。

孤独の中に、止まっていた彼女の時間。
そして、彼女を愛した男の時間も、また止まってしまっていた。

しかし、新しい出会いにより時を進めようと決めた彼女。
それは、人との繋がりを渇望したが故なのだろう。
人を欲する想いが切なく感じられた映画。


百年以上を一人で生きてきた女性が持つ、内側からの魅せる魅力、
そして寂しさと孤独。
そんな不思議な佇まいを見事に表現したブレイク・ライヴリーさん。
彼女の魅力溢れた映画。




雷に撃たれて老化が止まってしまった、アデライン。
自分の娘は自分よりも年上に成長してしまう。
飼ってきた多くのペットたちは、
自分よりも早く逝ってしまう。
自分の秘密を守るため、同じ場所には長居はできない。
同じ男性を愛し続けることもできない。
長い孤独の中で、
自分の時間を止めるように生きてきた女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1454 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  オデッセイ  
2017.01.09.Mon / 20:10 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






計算をすれば、
自分があとどのくらいで死んでしまうのかが分かる。
それは圧倒的な絶望。
そんな冷たい現実を目の前にして、
それでも生きることを諦めなかった男。

生き延びることだけを考えれば、
絶望的な気分になるのかもしれない。
しかし、目標の為に何をしなければならないか、
細分化して考えれば、
すべきこと、できることは沢山ある。
食料の確保。
帰り道の確保。
通信手段の確保。
一つ一つを確実にこなしてゆけば、
道は開かれてゆくのだろう。
たとえ僅かに届かないとしても、
その隙間は、
その時に考えれば埋めることもできるのだ。

生き残ることに前向きに取り組んだ男。
その精神力に感嘆させられる映画。




火星に一人取り残された男、マーク・ワトニー。
絶望的な状況でも、生き延びることを諦めない、
とてもタフで前向きな男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1452 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  オー!ファーザー  
2016.12.08.Thu / 21:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






親が子供に一番に残したい物。
それは、
幸せな記憶。
楽しかった思い出。

それがあれば、
きっと、たくましく生きていけるのだろう。
遠い未来において、
親が居なくなってしまった世界であったとしても。

様々な伏線が最後には、見事に一つになる。
そんな伊坂ワールドが堪能できる映画。



四人の父親を持つ、由紀夫。
好青年を絵に描いたような青年。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1448 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  お父さんと伊藤さん  
2016.11.24.Thu / 21:44 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






肉親というのは、
とても厄介な関係だ。
他人ではないというけれど、
相手のことを全て理解できるわけではない。
好きとか嫌いとかを抜きにして、
介護する、介護されるは当たり前と、
世間からは見なされる。
当人たちもそう考える。

だから、迷う。
様々な事を考えてしまう。
きっと本当はもっとシンプルなはずなのだ。
だから、きっと、
今後は良い関係を築いていけるだろう。

最後にすべてを吹っ切ったかの如く駆け出した女性。
未来は明るいはずだ。
そんな躍動感が心に残った映画。



年の離れた男性、伊藤さんと暮らす、彩さん。
それを身をもって知ることになる、
という、モノローグが、可笑しくも、
生々しい事実を、オブラートにかぶせて表現していて、
導入部として上手いなと感じる。
そんな二人に同居を申し出る、お父さん。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1444 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.