タイトル あ行 の記事一覧
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
  アスファルト  
2017.03.09.Thu / 11:54 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






見知らぬ同士が暮らす団地。

知らない同士が同じ場所で暮らし交流していくのは、
なにかと面倒だ。

自分の自由や意思を相手に合わせ、
合わせられない時は嫌われ、
プライベートを覗かれ、
嘘もつかなければならない時もある。
言葉が通じない時もあるだろう。

しかし、それ以上に幸せなことも待っている。

人と人とのふれあい。
静かで穏やかな幸福感を感じる映画。



フランス映画なのだが、
北欧の映画の雰囲気を感じさせる、
不思議な映画。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1470 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  アズミ・ハルコは行方不明  
2017.03.09.Thu / 11:51 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






男から受ける不条理で醜い仕打ち。
女の子の日常はとても辛い。
だから、自棄になる。
無軌道に振る舞い、
無自覚にも自分自身を粗末に扱ってしまう。
熱に浮かされたように突っ走る彼女たち。

けれど最大の復讐は優雅な生活を送ること。
幸せが彼らへ最大の復讐。
つまらない男の為に、
更に不幸になることなんてない。

自分たちを大切に。
そんなメッセージが見え隠れしたように感じられた映画。




とある田舎で暮らす、ハルコ。
職場ではセクハラまがいの言葉を投げかけられ、
仲間だったはずの同僚は幸せを得て、
今の生活から抜け出してゆく。
おばあさんの介護で罵声が飛ぶ家庭。
救いだったはずの彼氏は、
不倫に走り自分を見捨てていく。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1469 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  イニシエーション・ラブ  
2017.03.02.Thu / 11:16 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。







見事に騙された。
確かに様々な疑問、腑に落ちない点は、
鑑賞中にはあったものの、想像力で補遺し、
納得してしまっていた。
よもや、こんな結果になるとは、思いもしなかった。

二人の女性の間で揺れ動き、苦悩する青年。
しかし、彼が苦悩するのは単に若いから。
傷つけてしまっているであろう相手は、
自分よりはさらに上手。
不幸の匂いが漂った瞬間、
次の幸せをつかみ取ろうとする。

しかし、それは責められない。
自分だって同じことをしているのだから。

同じことをしているにも関わらず、
罪悪感を感じるのか、
平気でいられるのか、
そこが大きな違いなのだろう。

女性のしたたかさに、ただ、ひれ伏すしかない映画。


いかにもモテそうにない男、鈴木。
しかし運命の出会いにより、
人生が逆転していく。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1467 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  思い出のマーニー  
2017.02.02.Thu / 21:23 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






自分が世界で一番不幸と思い込んでいる少女。
自分を大切に出来ず、
人の優しさも受け入れることができない。

そんな境遇から脱出するために必要なこと。
他人の境遇を知り、それを自分のものとして感じること。
他人からの愛情を感じ、素直に受け入れること。
自分のルーツを知ること。
そして、他人を守ってあげたいと感じること。
心の傷を癒してあげたいと願うこと。

その総てを教えてもらった少女。
親から子供へ、その孫へ。
伝わる愛情の深さと重さに心動かされる映画。



内向的で誰とも仲良くなれない、杏奈。
自分のスケッチを先生に褒めて欲しかった。
それと同時にそんな気持ちを見透かされるのは嫌だ。
だから素直に絵を先生に見せられない。
それは、この年頃ではよくある感情なのかもしれない。
それでも、杏奈は独りぼっちを抜け出せないでいる。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1460 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2017.01.26.Thu / 11:34 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






子供を欲した女王。
若さを欲した老婆。
結婚を欲した王女。
しかし、それ以上に印象的だったのは、
嫉妬に支配されてしまった人の心。

息子の友人に嫉妬した女王。
姉の幸運に嫉妬した老婆。
愛娘を他の男に嫁がせたくはなかった国王。

道を踏み外した嫉妬心に捕らわれた人々。
その末路に哀れさを感じさせる映画。



子供を欲した女王。
夫を犠牲にすることで得られた息子。
しかし、息子の心は自分だけのものではない。
息子の親友に会わせないようにしても、
その心は止められない。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1458 / タイトル あ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.