タイトル わ行 の記事一覧
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
  私の少女  
2015.08.20.Thu / 18:49 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






同性愛というマイノリティの悲哀。
幼き少女のしたたかさと残酷さを描いたサスペンス。
家庭内暴力と児童虐待。
過疎、高齢化、閉鎖された街の逼塞感。
不法滞在労働者への差別。
様々な要素が詰まった映画。

それらを無視して生きることは簡単だ。
目をそらしさえすれば、日常生活は上手く行っている。
でも、それは本当に上手く行っているのか?

少女の持つ純粋さと危うさが印象的な映画。



左遷され僻地の警察署長に就任したヨンナム。
とても真面目な警察官。

狭い街で行われている児童虐待。
しかし、誰もが見てみぬふり。
けれど、見過ごすことが出来なかったヨンナム。
虐待された子供、ドヒに諭す。
暴力は悪いこと、自分の身は自分で守らなければならない事。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1288 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2014.10.23.Thu / 14:15 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




しかし
過ぎ去ってしまえば
全ては幸せな思い出


不思議な出会い方をした男と女。

自信を失い、道を失い、人生を重ねていく二人。

それぞれの生活のしがらみ故に、相手を見失い、
しかし、お互いがお互いにとっての大切な人であるということに、たどり着く。
けれど迎えてしまう悲しい別れ。

楽しかったこと、辛かったこと、楽しいこと。
しかし、過ぎ去ってしまえば、全ては幸せな思い出。
出会った多くの人々、去ってしまった人々。
失った人々に思いをはせ、
残された人々との絆の大切さをかみしめ、
彼は残りの人生を生きていく。

過ぎ去ってしまった過去の総てが愛おしい。
そんな境地にたどり着いた男。
そんな男の幸せさが不思議な余韻となって心に染みる映画。




大学の卒業日に初めて言葉を交したエマとデクスター。
運命の悪戯で肉体関係には成らなかったものの、
強く魅かれ合う二人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1232 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する
  私の男  
2014.09.11.Thu / 16:38 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






家族を失った男と少女。
お互いの総てを理解しているとばかり思っていた。
確かに最初はそうだった。だからお互いを求め合った。

けれど、男が欲したものは、家族。
少女が欲したものは、男のすべて。

女は覚悟を決めて、捨て身で自分の信じた道を進み、
男はとまどい、後悔が強く心を支配する。

あなたの全ては私のもの。
女は最後には男を支配し、それを男は受け入れる。
この女の支配欲が向けられるのは自分だけ。
この女の支配欲に耐えられるのは自分だけ。

秘められた関係における強欲。
秘めた関係だからこそ、その欲望は濃密に熟成されるのだろう。
その凄まじさに圧倒される映画。



衝撃的なストーリー。
それを見事に演じきった浅野さんと二階堂さん。
そのすさまじさに身震いを覚えてしまうな映画。





地震と津波で家族を失った少女、花。
映画では経緯は述べられてはいないが、やはり家族を失っている淳悟。
家族として暮らし始める二人。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1220 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2014.07.31.Thu / 20:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




最近世間が窮屈なのは
支配されているからなんだ


エイリアンに侵略されてしまった街。
侵略から街を、友人を取り戻せ。
けれど、大事なのは、ゴールデン・マイルを制覇する事。
それは、やりたいことをやりたいときにやる自由。
だから、誰にも止めさせない。
やりたいことができない人生なんてクソくらえ!
愚かでも、劣っていても構わない。
自由を失うくらいなら誰かに救済されたくもない。
自由を貫いた酔っ払いのハチャメチャぶりに胸がすくわれる映画。





20年前に達成できなかった、ゴールデン・マイル。
あの頃は何もかもがバラ色に見え、未来は限りなく開かれていた。
けれど、今は限りなく閉ざされている。
あの頃の自分は今の自分なんて想像すらしていなかった。
もし、ゴールデン・マイルを達成できたのなら、何かが変わるはずだ。
そう考え、幼馴染を集め、再びゴールデン・マイルに挑む、ゲイリー・キング。
過去の繁栄よ、もう一度、といったところだろうか。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1207 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  藁の楯 わらのたて  
2014.02.27.Thu / 16:21 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






屑と断定できるほどの価値の無い青年を命懸けで守る男。

法治国家であれば、どんな悪人でも裁判を受ける権利があるから。
上司の命令だから。
復讐は虚しく何も生み出さないから。
命を守るのが自分の仕事だから。
そんな仕事と生き方に誇りを持ち、
それを捨てるのは相手と同じ屑に成り下がってしまうから。

多くの犠牲の上に、屑を守りきった男。
しかし、彼が守ったのは屑の男ではない。
悪に染まってしまいそうになった心と戦い、
最後には自らの誇りと生き方を守りきったのだろう。

最後まで自らの生き方を貫いた男。
そんな男の生き様に感嘆してしまう映画。



根っからの悪人で人間の屑、清丸。
清丸に賭けられた賞金、10億円。
そんな清丸を護衛しなければならなくなった、銘苅。
それは、全国民を敵に回してしまうということを意味している。
それでも銘苅は、命を懸けて清丸を守ろうとする。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1165 / タイトル わ行 /  comments(0)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.