タイトル さ行 の記事一覧
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
  ゼロの未来  
2016.10.20.Thu / 13:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。


無から始まり、無へと還って行く。
人の生に意味はあるのか?
けれど、生が無に還ることを意識した時、
生きることに意味が見出せるのだろう。

生きることのカオスを総て飲み込む、
死と言うブラックホール。
しかし、カオスを抱えているからこそ、
人生には意味がある。
そこに商売の金脈がある。

人生の意味を教えてくれる電話を待ち続けた男。
けれど待っているだけではダメだったのだろう。

たとえ人生の結末が無であったとしても、
生きる意味はある。
美しい映像美とシュールな世界。
テリー・ギリアム監督の作家性が堪能できる映画。




データの解析を仕事としている、コーエン。
外界に出るのにも勇気が必要なほどに、
人付き合いが苦手な男。
そして、人生の意味を教えてくれる電話を待つ男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1433 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ソロモンの偽証 後篇・裁判  
2016.09.15.Thu / 19:45 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






遂に生徒たちの手によって始まる裁判。
それは、全ての真実を明らかにするために始められたはずだった。
しかし、実は裁判の意義は違っていたのだ。

過ちを認めること。
それを皆に告白すること。
反省すること。
誰かに赦してもらう事。
それらは未来を、より良く生きることに繋がっていく。

自らの過ちを認めるのは、とても辛い。
それを告白するのは、さらに辛い。
隠していれば楽だったのかもしれない。
けれど告白を選択した少年、少女たち。

裁判の前の重苦しさ。
しかし、裁判の後の開放感。
自らの過ちを告白したが故の未来。
そんな未来の輝きがまぶしく感じられた映画。




遂に始まった学校内裁判。
裁判を成功させる為に真剣に、必死に取り組む生徒たち。
親も教師も協力を惜しまない。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1424 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ソロモンの偽証 前篇・事件  
2016.09.15.Thu / 19:43 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






一人の少年の死がきっかけで、
様々な思惑が交差する。
それまで隠されてきた問題が浮き彫りになる。

生徒を守りたい。
そう願う保護者たち。
けれど、その思いが判断を誤らせてしまう。

傷つくことを恐れていては何も出来ない。
反省も。
明日を生きることも。
死から逃れることも。

大人の思惑を超えて真実を追い求めることを決めた。
そんな少女の瞳に魅せられた映画。

映画初出演の藤野涼子さん。
透明感と眼差しの強さ。
将来がとても楽しみな女優さん。



記録的な豪雪のクリスマスの朝。
柏木少年の死体が学校で見つかる。
柏木君の死は自殺だと断定する警察。
しかし、柏木君は殺されたとの告発文が舞い込む。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1423 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2016.08.22.Mon / 20:30 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






他者にコントロールされていない力は、
ただの暴力なのか?
組織に支配される力は正義とは呼べないのか?

全ての人々を救うのは不可能だ。
どうしても被害は防げない。

とても重たいテーマで始まり、
中盤は豪華メンバー競演の息をもつかせない壮絶なアクション。
しかし、終盤はとてもやりきれない。

怒涛の展開を見せる、てんこ盛りの映画。



敵が攻めてきたり、悪事を働けば、
どうしても被害者は発生してしまう。
それは防げない。

今回も敵の自爆を抑えられず、
無関係な人々が死んでしまった。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1413 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  白河夜船  
2016.08.08.Mon / 13:31 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。




命を吸い取られる


様々に事情を抱えた大人たち。
自らの力では解決は難しい。
他人にも頼れない。出口も見つからない。
ただ、耐えるのみ。
しかし、それはとても過酷な人生。
だから、他人の命を吸い取らざるを得ない。
しかし、吸われた人も過酷な人生を歩まざるを得ない。

職業として吸われることを選んだ女性。
不倫を通じて生命を吸われている女性。
方や自殺をし、方や命の危険を迎える。

他人の人生に寄り添い過ぎるのではなく、
自分の人生を生きること。
そうしなければ、自分を吸い取られてしまうのだろう。


生の世界と死の世界。
その境目の不思議さを感じた映画。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1406 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.