タイトル は行 の記事一覧
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
  僕だけがいない街  
2016.08.19.Fri / 13:26 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






大切な者を守りたい。
自分自身を守りたい。
それは自分を守ってくれようとする者の為に。

大切な者を守る為、
勇気を振り絞って行動を起こす少年たち。
見過ごしておけば楽だっただろう。
無関係だと割り切れば楽だっただろう。
それでも困難に挑む少年たち。

それを見守る大人たち。
少年たちの行いが中途半端に終わらないように。

とても幸せな気分にさせてくれる映画。
けれど最後の展開が、とても残念な映画。



リバイバルという不思議な能力を持つ青年、悟。
母親を助ける為に、タイムトラベルを繰り返す男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1411 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2016.08.15.Mon / 18:12 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






バットマンとスーパーマンの夢の対決。
けれど、むりやり感が否めない。

なぜ、バットマンはスーパーマンを憎むのか。
なぜ、名前が同じというだけで、
その憎しみが解消されたのか?

いざ戦いが始まると、
スーパーマンでさえ叶わない敵に、
バットマンは逃げるのが精一杯。

最後はやはり、別な映画のように、
皆がチームになるのだろうか?
必然性が判らない。

とても残念な映画。



ニューヨークを守る為にゾット将軍と戦ったスーパーマン。
その戦いの中で街は破壊され、
多くの人々が犠牲になってしまった。
故に、スーパーマンに憎しみを抱くバットマン。
でも、本当に悪いのは、ゾット将軍なのでは?
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1409 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ヘイル、シーザー!  
2016.06.30.Thu / 20:10 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






外側から見れば綺麗で華やかな映画界。
しかし、そんな映画界に生息する妖しい人々。

見事な演技。迫力ある台詞。
カメラに写れば超美形。
けれど、実態は、
気まぐれで、わがままだったり、
純朴な青年であったり、
単純で騙されやすい、お人よしであったり、、、

映画を取り巻く人々も異様だ。
スターを亡命させる脚本家たち。
ゴシップを嗅ぎまわる記者たち。
首を絞められ死にそうになる編集者。


そんな彼らを処理し、あしらい、面倒を見る男。
映画に対する愛情、それも、
とても自虐的な愛情を感じた映画。



ハリウッドで映画製作に携わる男、エディ・マニックス。
映画製作に関する、何でも屋。
というよりも、トラブル処理係。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1393 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2016.06.02.Thu / 19:08 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






台湾人留学生とパリの少年との交流。
人形劇師の見事な仕事ぶり。
そして、中国文化との交流。
しかし、日常生活における揉め事。

それらを見つめる赤い風船。

他者との交流の不思議さを感じた映画。



パリに住む少年、シモン。
利発でおとなしい、けれど孤独な少年。

シモンの母親、スザンヌは人形劇師。
とても多忙な毎日を送る女性。

そしてスザンヌが雇ったベビーシッター、ソン。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1385 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  白鯨との闘い  
2016.05.16.Mon / 22:06 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






欲に目が眩み、窮地に陥り、
苦渋の決断をしなければならなかった男たち。

窮地に陥る前は反目していた。
しかし、おぞましい経験を経て、
共に生き残り、理解しあえたと感じていた男たち。

けれど、
その経験を経て悟ったことは人それぞれ。

他人の命を糧に生き延びた。
だから無益な殺生は出来なくなってしまった男。

自分たちを窮地に追い込んだ敵に憎しみを抱き、
大いなる自然に再び挑んだ男。

おぞましい経験を忘れられず、
苦しみ続けた男。

反捕鯨映画なのかもしれない。
しかし、それ以上に感じたこと。
自然からの搾取は思うがままと信じている人という生き物の欲望と驕り。
しかし、大自然に挑むことと厳しさ。
大自然の中で生き延びることの過酷さ。
我々は、自然と共に生き、
自然に生かされているのだろう。


自然の摂理の厳しさをひしひしと感じた映画。



捕鯨船の一等航海士、オーウェン・チェイス。
人望もあり、経験も豊富な一流の船の乗組員。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1379 / タイトル は行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.