タイトル ま行 の記事一覧
≪ PREV PAGE NEXT PAGE ≫
2016.03.17.Thu / 19:33 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人の生きる目的が迫害や差別、憎しみあうことではないように、
料理を作る目的も迫害や差別、相手を憎むことではない。

フランスの片田舎に引っ越してきたインド人。
インド料理とフランス料理という、
一見相容れなさそうなものが、
お互いを敵視して激しく憎しみあう。

しかし、料理を作ることの目的は、
人を幸せな気持ちにすること。
その目的を前にすれば、
相容れないものなどない。

三ツ星は権威というよりも、
世界に認めてもらうということなのだろう。

フランス料理とインドのスパイス。
それを見事に融合させ三ツ星を目指す男。

映画の後味はとても、さわやか。
しかし、さわやかな語り口で重いテーマを語った映画。
異文化が、お互いを尊重し、認め合い、共存する。
それらの重いテーマを、さわやかな語り口で語ったからこそ、
実はそれらが簡単なことなのではないか、と思えてくる。
なぜなら、皆が幸せになれるのだから。

美味しい料理による幸せが詰まった、とても素敵な映画。





フランスの片田舎に1つ星レストランを営む、マダム・マロリー。

長い旅路の果てにフランスの片田舎にたどり着いたカダム家。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1359 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
2016.02.08.Mon / 20:21 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






荒野に希望を見つけようとした。
しかし、この世界に希望は見出せない。
けれど、希望は見つけ出すだけのものではない。
創り出すことも出来るのだ、


過去を清算するために、
希望を創り出そうとした女。
その希望を守ろうとした男。

彼らの壮絶な戦いに手に汗を握らされる映画。
そして、シャーリーズ・セロンの男気に魅せられる映画。




戦争により荒れ果ててしまった世界。
そこを宛ても無くさまようマックス。

故郷に帰ろうとした隻腕の戦士、フュリオサ。
故郷に希望を見出そうとした女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1341 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  百瀬、こっちを向いて。  
2016.02.04.Thu / 20:16 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






人を愛するということを知らなかった少年。
しかし、人を好きになり、
人を好きになるという感情を理解し始め、
四角関係に悩み、苦しむ。
そして大人になった今でも忘れられないでいる。

けれど、残りの三人は彼よりは遥かに大人。
すでに自分自身で答えを見つけ出し、
人生を歩き始めている。
この少年が考えていたよりも皆、強い。

純粋故の青春の痛み、苦しみ。
しかし、それらは淡い幻想。
青春ってそうなんだなと感じさせてくれる映画。



髪はボサボサでダサい眼鏡を掛けている。
恋愛経験は皆無。
人をレベルで値踏みする。
とてもネクラであろう青春を過ごしている少年、ノボル。
けれど、先輩から頼まれて、
百瀬さんと付き合うふりをすることになってしまった。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1340 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  マップ・トゥ・ザ・スターズ  
2016.01.14.Thu / 22:47 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






ハリウッドの内幕を描いた映画かもしれない。
しかし、心に残ったのは、
人は如何にして不安に精神を犯されて、
それを如何に克服しようとしているか、
である。

母親へのコンプレックスに獲りつかれた女優。
自身の出生の秘密に獲りつかれた女性。

そこから脱出する為に取った方法は疑似体験。
恐怖の対象となるものを自分で追体験し、
それを自分の中に取り込むこと、
なのであろう。

それは未来を生きるために行うのではなく、
人が持つ防衛本能のように感じられる。

不安に苛まれる精神の不安定さ。
それが解消された後の傲慢さ。
自らの不安を解消しようとする貪欲さ。
それらが、とても不気味に感じた映画。



少し落ち目のベテラン女優、ハヴァナ。

幽霊なのか幻覚なのか。
目の前に現れる母親は自分を蔑み、
その度に自信を失っていく。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1327 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  マイネーム・イズ・ハーン   
2015.12.10.Thu / 22:59 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






信じる宗教による、いわれなき差別。
患った病気による、いわれなき差別。

しかし、この世界に居る人間は二種類だけ。
それは良い人と悪い人。人の違いはそれだけ。
宗教や病気で差別される理由はない。

そして、
良い人が良い行いをするわけではない。
良い行いをする人が良い人なのだ。
だから、誰にでも良い人に成ることは出来るのだ。

憎しみは悪い人を生み出すかもしれない。
しかし、良い人と、その人の良い行いは、
さらなる良い人を生み出すのだろう。


人間の持つ可能性に嬉しくさせれられる映画。


インド映画ではお約束の歌や踊りは、この映画では一切なし。
画面の構成等は洗練され、インド映画の様には見えない。
けれど、インド映画らしい、とてもエネルギッシュな映画。


アスペルガー症候群を患いながらも、
母親の大きな愛情によって育てられた、ハーン。
とても真面目で実直な青年。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1316 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.