gifted/ギフテッド  
2018.01.11.Thu / 14:06 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






数学に天賦の才を持つ少女。

特別な才能を持つ少女には特別な教育が必要なのか?
それとも、
人並の人生が少女にとっては幸せなのか?

しかし、それ以上に、この映画から感じられた対比。

姉の遺言に従うものの、
それが少女にとって幸せかどうか、確信が持てない甥。
自らの信念に従えば少女だけではなく、
皆が幸せになれると信じて疑わない祖母。

甥は少女に幸せになって欲しいと心から思っているからこそ、
自分の選択に自信が持てないでいた。
だから、最後には、あのような、
どちらともつかない選択になったのだろう。
けれど、この甥が居る限り、少女の未来は明るい。
どのような人生を歩もうとも、
少女は、きっと幸せになれるだろう。

そんな甥の愛情が嬉しく感じられた映画。



数学において、母親譲りの天賦の才をもつ少女、メアリー。
姉が遺した娘を育てる甥、フランク。

ずぼらで、育児には向いていなさそうなフランク。
時にメアリーと喧嘩をしてしまうものの、
しかし懸命にメアリーに向き合おうとするフランクが微笑ましい。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1554 / タイトル か行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  関ヶ原  
2018.01.11.Thu / 14:02 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






天下分け目の合戦であった、関ヶ原。
その関ヶ原の戦いを描いた映画。

ただ、詰め込み過ぎたため、
関ヶ原の戦いをよく知らない人には、
何が起こっているのか把握しづらい映画。
そして、
関ヶ原の戦いを良く知っている人にとっては、
目新しさが少ない映画。

俳優さんたちが見事な演技を見せていただけに、
とても残念な映画。




義を尊び、義によってこそ、
平和な世界を保つことができる。
そんな信念の元に、
豊臣家の治政を守ろうとする、石田三成。
豊臣家の間違いをただし、
利によって、天下を奪おうとする家康を排除することを目指した男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1553 / タイトル さ行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  ダンケルク  
2018.01.08.Mon / 13:59 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






ダンケルクからの撤退。
献身的に、人々を救おうとする人々。
利己的に、自身のみを助けようとする人々。
けれど、彼らに差異は無い。
単に彼らの置かれている状況が違っていただけ。

人間の持つ感情の幅広さ。
それ故に感じさせる人の持つ可能性と限界。
人間の不思議さを感じさせる映画。




ドイツ兵に追い立てられ、
海岸には無数の兵士たち。
40万人の兵士に対し、助かるのは4万人。
まともに対応していては絶対に助からない。
卑怯と言われても構わない。
生き延びる為に、あらゆる手段を使う若き兵士。
しかし、誰が彼を責められよう。
あのような状況では致し方ない。
人は弱い生き物だから。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1552 / タイトル た行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  湯を沸かすほどの熱い愛  
2018.01.05.Fri / 10:31 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






熱く強く、家族を愛する、お母ちゃん。
困難にもめげず、
受け入れ難い真実にも目を背けず、
愛する者を叱咤激励し、
自身も戦い続ける。

余命幾ばくも無いから、
残される家族の事が気がかり。
だからこそ、残された人生、
精一杯、家族に愛を与えたっかただろう。
しかし、それだけではない。
それが彼女の生き方だったから。

熱く強く家族を愛した、お母ちゃん。
その熱さに圧倒された映画。




好きな色は情熱の赤。
その言葉通り、
強くて熱い情熱で家族を愛する、お母ちゃん。
しかし、末期ガンで余命幾ばくも無い女性。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1551 / タイトル や行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する
  マイ・インターン  
2017.12.31.Sun / 20:05 
「ネタバレ」あり。ご注意願います。






時代が変わり、
新しい技術が導入されたり、
新しい業種が流行ったりしても、
常に必要とされるものは存在する。

正しい時に正しい行動。適切な助言。
それを支えるのは長年の経験。

社長として奮闘する女性。
しかし、多忙を極め家庭に問題が起こる。
それを支えるのは、
生きがいを求めてやって来たインターン。

ベンを演じるロバート・デニーロが、とても素敵。
とても頼りになる、円熟味を増した人生の大先輩。
年を取ったらああなりたい。
そんな想いを抱かせてくれる映画。



仕事を引退し妻にも先立たれ、
あらゆることは、やり尽くした、
典型的な会社人間のように見えるベン。
しかし、
思慮深く、対立するのではなく相手を説得する手腕。
細かな所にも目が行き届き、
仕事が無くても不平を言わず、まずは行動を起こす。
謙虚で、でしゃばらない。けれどやる時はやる。
若輩者でも相手を受け入れ親しくなり、多くを吸収し、
困った相手には的確にアドバイスができる。
まさに、老練という言葉が良く似合う男。
▽Open more.
* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
No.1550 / タイトル ま行 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△ 拍手する

ご注意

ブログ内検索

全ての記事を表示する

プロフィール

ヤン

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

CopyRight 2006 Heaven of the Cinema All rights reserved.